クスノキ科 Lauraceae  クロモジ属 Lindera

カナクギノキ L.erythrocarpa

形態 06.04.12 高隈演習林 花序 06.04.12 高隈演習林

※写真をクリックすると拡大表示します。

形態:落葉高木.高さ6〜15mになる.

樹皮:淡褐色.老木でははがれてあらくなる.

葉:互生.倒披針形,長さ6〜13p,幅1.5〜2.5p,鋭頭または少し突出し,鈍端,基部は葉柄に向かって長くとがる.全縁,表面は無毛,裏面ははじめ帯褐色の長毛をしくが,のちに毛は薄れて,帯粉白色.葉柄は赤みを帯び,長さ6〜18o.

花:雌雄異株.未開の花序は秋に芽鱗を排して,頂芽の基部に数個つく.花は4月,葉と同時に開き,総苞片は落ちて散形の花序が現れる.花柄は長毛がある.花被片はふつう6個,雄花では長さ約3o,雌花では小さい.

果実:液果.径6〜7oの球形.秋に赤色に熟し,小果柄の長さは12〜15o,先の方へ太くなる.

分布:本州(箱根以西)・四国・九州,朝鮮・中国

科名一覧  和名一覧  クスノキ科一覧  Home