test-国立大学法人鹿児島大学農学部・大学院農学研究科

国立大学法人 鹿児島大学農学部 Topics & News: アーカイブ

topicsの最近のブログ記事

高隈演習林『山神祭』に学長が出席

 農学部附属高隈演習林では、10月3日(木)に山神祭を行いました。山神祭は山林作業の無事と森の収穫を祈り感謝する儀式で、わが国の森林・山村での古くからの伝統的な行事です。山神祭には、演習林の教職員だけでなく演習林に関係する様々な人が集います。今年は佐野学長に初めての高隈演習林視察も兼ねてお越しいただき、岩井理事、農学部からは北原副学部長、寺岡副学部長、瀬戸口総務課長にもお越しいただきました。さらに、今年は初めて垂水市長(尾脇雅弥氏)にもお越しいただき、学長と垂水市長の初顔合わせの機会にもなり、盛大な山神祭となりました。
 まずは事務所にて、佐野学長、尾脇市長に高隈演習林の概要説明を行い、意見交換をしました。本学と垂水市は2009年より包括連携協定を結んでいることや、高隈演習林は垂水市の面積の19%を占め、昔から隣接する大野集落との関係が深いこと、大野集落や演習林で行われている自然学校活動や地域づくり活動に演習林や本学学生が大きく貢献していること等が共有されました。
 そして山の神広場に移動し、演習林関係者一同が集い、厳粛な雰囲気の中で神事が執り行われました。神事終了後は学長一行をご案内して演習林を視察していただきました。キャンプ場での森林環境教育の取組や他大学利用である共同利用、高性能林業機械を用いた木材生産の現場、3年前の台風災害とその後の復旧状況、演習林に隣接する大野集落の様子など。最後には演習林産木材がふんだんに使用されている学生宿舎の内装も見ていただきました。
 学長は視察後に帰学されましたが、夕方からは宿舎にて直会を行いました。山神祭は、演習林教職員含め多くの関係者で安全を記念する1日となり、同時に年に一度の楽しい交流の機会にもなりました。

山神祭-1.jpg  

山神祭-2.jpg

山神祭-3.JPG

山神祭-4.jpgのサムネイル画像

令和2年度農林水産学研究科入学者選抜合格者について

令和2年度農林水産学研究科入学者選抜合格者は、
下記の農林水産学研究科のホームページで公開しています。


日本土壌微生物学会2019年度北海道大会(2019年6月15日・16日於北海道大学)において、
土壌科学研究室の葛城翔平さん(修士2年)が優秀ポスター賞を受賞しました。
共同受賞者は、同研究室の池永誠准教授と境雅夫教授です。

優秀ポスター賞を受賞したポスターの題目は以下の通りです。

演題番号P-2 分子生態学的手法を用いた植物共存細菌群遺伝子の増幅効率の向上と適応可能な栽培植物の拡大

A1.png2.pngz1.png

「焼酎マイスター養成コース」第8期開講式を開催(5月11日)

 鹿児島大学は、5月11日、「かごしまルネッサンスアカデミー焼酎マイスター養成コース」の開講式を開催しました。令和元年生となる第8期生は21歳から68歳までの59名です。
「かごしまルネッサンスアカデミー」は、平成18年度から22年度まで、文部科学省科学技術振興調整費「地域再生人材創出拠点の形成」により実施された人材育成プログラムで、平成24年からは履修証明制度に基づく社会人向けの人材養成事業として再スタートしています。
「焼酎マイスター養成コース」は、焼酎製造業に関わる人、酒類販売や飲食業に携わる人、さらには観光業や自治体職員等、焼酎を通じて鹿児島の魅力を発信する総ての人を対象としたものです。

 開講式では、はじめに岩井久理事から「学内教員のみならず、第一線で活躍されているエキスパートの方も講師としてお招きし、質の高いプログラムになっていると自負しております。ここでの学びが有益なものとなるよう取り組んでまいりますので、2月までの長い期間となりますが、様々な知識や技術を習得いただき、焼酎を通じて鹿児島の魅力を伝える発信源として、また、焼酎業界を盛り上げる起爆剤として活躍されることを祈念しております。」と挨拶がありました。
 続いて、焼酎マイスター養成コースにご支援いただいている鹿児島県酒造組合の本坊浩幸副会長と、飲料専門家団体連合会・日置晴之専務理事から「世界のお酒における本格焼酎の商品特性を理解し全国・世界へ発信をすることを期待する」と述べられました。また、本コース卒業生の焼酎マイスターの方々で結成されたかごしま焼酎マイスターズクラブの案内を同クラブ鮫島吉廣理事長がされました。

 主催学部として農学部副学部長北原兼文教授から「世界で唯一、焼酎学を教育研究している鹿児島大学で学べる貴重な機会であり、多くを学び吸収して本格焼酎の語り部となり焼酎文化の承継となってほしい」との激励の言葉がありました。
 最後に、受講生を代表して渡辺勝さんが「この令和元年の年に年齢幅のある同じ目標を持つ学生という立場の仲間がこんなにいらして、更にがんばろうと決意を新たにしました。焼酎の魅力を伝えていけるよう努力したい」と決意を述べました。
開講式終了後は、オリエンテーションが行われ、昼食を挟んで、第1回の講義「芋焼酎の歴史」が行われました。
 また、同日、第7期修了生の希望者を対象としたSSI(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会)公認「焼酎唎酒師」の資格試験も行われました。

①開講式開始.jpg
開講式の様子

③岩井理事挨拶.jpg
岩井久理事の挨拶

⑦農学部副部長北原教授挨拶.jpg
北原兼文農学部副学部長の挨拶

⑧受講生代表挨拶.jpg
受講生代表の挨拶

⑨8期生集合写真.jpg
8期生集合写真

大学院農林水産学研究科のホームページ公開

大学院農林水産学研究科のホームページが公開されました。 スクリーンショット 2019-05-10 12.32.29.png
鹿児島大学で開発した独自の栽培方法で育てた"鹿児島産ハバネロ"を使った超うま辛調味料"Death x Death Source"。
鹿大・寺田農園(株)・メブキが共同開発しました。
カプサイシンがぎゅ~っと詰まっています。
image2.jpeg

日本熱帯農業学会第125回講演会において優秀賞受賞


日本熱帯農業学会第125回講演会(2019年3月16-17日、千葉大学)において、
学生優秀発表賞、学生優秀口頭発表賞 1)を中尾祥宏(連合農学研究科1年 / 熱帯作物学研究室)、

最優秀ポスター発表賞2)を岩田晋子(農学研究科2年/ 熱帯作物学研究室)が、それぞれ受賞しました。


1)イネの天水直播栽培におけるプライミング種子利用リスクの検討(中尾祥宏・坂上潤一)
2)完全冠水下におけるイネの根の通気組織及び酸素漏出バリアの形成(岩田晋子・中園幹生・籔田伸・坂上潤一)



熱帯作物学研究室のホームページはこちら https://ace1.agri.kagoshima-u.ac.jp/agri0004/



f5ea7ed7d0ae66cec489151f06f5987c3e3be802-thumb-440x342-6046.jpgph1.jpg

鹿児島伝統作物保存研究会の設立総会開催

鹿児島の農家では美味ながら低収量であったり、耐虫性、耐病性が優れていて農薬をほとんど必要としないが、収穫期間が短いなどの理由で淘汰されていった在来品種が見られます.また島嶼部などで農家が自己消費用に代々受け継いできて、市場に出荷されない珍しい品種が見られます.このような品種は農家が保存しているか、有志や収集家が独自に維持していていることが多く、農家が高齢化し、離農した際にこうした品種が消滅する事例が最近増えています.

鹿児島の官、民そして農家、有志と手を携えて、鹿児島の作物、野菜や果樹の伝統品種、地元品種の維持保存、発展、それによる地域振興を目指し、この度、鹿児島大学を中心に鹿児島伝統作物保存研究会を設立いたしました.

総会には学長を始めとして30人以上が参加者され、当日の様子は南日本新聞に記事が掲載され、NHKやMBC,KTSで放映されました.

 

 

日時 2019215日(金)15001700

場所 鹿児島大学連合農学研究科3F大会議室

 

プログラム

1. 大学長前田芳實先生祝辞

2. 田畑耕作様より鹿児島における伝統野菜の栽培の歴史と現状の説明

3. 設立の主旨の説明

4. 農場の伝統野菜栽培の見学

5. 橋口孝久様より「無農薬野菜の会」の伝統野菜栽培の取り組みのご紹介

6. 久木田大和様より飛翔クラブの伝統野菜取り組みのご紹介

7. 意見交換

連絡先:鹿児島大学農学部 志水勝好

RIMG1518.jpeg

RIMG1510.jpeg

RIMG1602.jpeg

焼酎マイスター養成コース 第7期 修了式を開催

 2月16日(土)、かごしまルネッサンスアカデミー焼酎マイスター養成コース第7期修了式および焼酎マイスター認定証授与式が開催されました。
 本コースは、学校教育法に基づく総時間数120時間以上の教育プログラム「履修証明プログラム」を利用したもので、今までで最多の修了者69名が、9カ月にわたり、「焼酎の基礎」「焼酎の商品知識」「焼酎マーケティング」等を学び、焼酎について幅広い知識を習得しました。
 前田芳實学長から履修証明を証明する履修証明書が、鹿児島県酒造組合・本坊浩幸副会長から酒造組合が認定する焼酎マイスター認定証が、修了者一人ひとりに手渡されました。
 前田学長から挨拶の中で、「本アカデミーを修了された皆様方が鹿児島の活性化・発展のために原動力となり活躍されることを期待します」とお祝いの言葉が贈られました。本コースの運営に対しご支援いただいた鹿児島県酒造組合の本坊浩幸副会長からは、「焼酎マイスターの称号を活用し、鹿児島県の魅力を多くの人に発信していただくようお願いします」と激励の言葉が贈られ、また、料飲専門家団体連合会の板場正義理事とかごしま焼酎マイスタークラブの鮫島吉廣理事長から「修了者の今後の活躍を祈念します」とエールを贈られました。
 修了者を代表し、宮城満則さんから、本コースの運営に関わる方々へのお礼と今後の抱負が述べられた後、岩井農学部長より特に優秀と判断された6名の修了者に表彰状と副賞が手渡されました。
 今年度は、二人目の外国籍(韓国)「焼酎マイスター」も誕生しました。また、神奈川、福岡、香港在住の焼酎マイスターも誕生し、幅広い地域で「焼酎の語り部」として、今後のさらなる活躍が期待されます。


①履修証明授与.JPG  ③最優秀者表彰DSC_7700.JPG
 履修証明授与                最優秀者表彰

③農学部長DSC_7713.JPG  ④修了式集合写真20190216.JPG
 岩井農学部長挨拶              修了式集合写真

鹿児島大学農学部が、文部科学省「国費外国人留学生の優先配置を行う特別プログラム」に採択され、農学部・水産学部連携 国際食料資源学特別コースに国費外国人留学生の優先配置を受けることになりました。


 農学部と水産学部が連携して食料問題解決の教育を行う国際食料資源学特別コースに、今後食料問題が顕著化する可能性の高い東南アジアの沿岸地域諸国からの留学生を配置するものです。本プログラムは、食料生産の脆弱性を解消するために必要な技術を習得し、地域の食料生産と食料資源供給の安定化に貢献すると共に、海外の優秀な人材を養成することを目的としています。

 

プログラム名:

(日本語)東南アジアにおける食料資源の管理と活用

(英 語)Conservation and utilization of food resources in South-East Asia


国費留学生募集の詳細はコチラ

スクリーンショット 2018-12-25 11.08.40.png