test-国立大学法人鹿児島大学農学部・大学院農学研究科

 世界的な食料問題の解決が急務とされ、国内では農山村の活性化、食料自給率の向上、食の安全・安心の保障、人と自然との環境共生など、課題が山積みしています。また、農業従事者の熟練技術を AI と ICT へ活用し作業の効率化と労働生産性の向上、ロボット技術を活用した先進的スマート農業の振興など、農林業の産業競争力を強化する政策が加速する中、重要な問題を解決する能力と専門知識を有する人材の養成が農学の分野に求められています。
 鹿児島大学農学部は、日本で有数の食料基地に位置し、温帯から亜熱帯へ南北600km にも及ぶ多様な自然環境を背景にフィールド教育を重視し、豊かな人間性と現場での実践力や応用力、広い視野と国際性を持った、新時代に向けた創造性豊かな人材の養成に努めています。特に、農林畜産物と食料生産技術の開発、生物機能の解明と応用、食の安全性確保、自然生態系の保全と修復、農山村社会の活性化に関する総合的な課題を解決する能力を身に着けた人材の養成、教育研究に取り組んでいます。
 平成31年4月1日より新たに大学院農林水産学研究科がスタートします。これは、大学院農学研究科と大学院水産学研究科の両研究科に求められていた人材の養成に対応したもので、農林水産業、食、環境、生命科学などの分野に関する高度な専門教育を行い、農学及び水産学が取り扱う分野における高度な研究・開発能力を備え、地域に貢献できる人材、さらには世界で活躍できる人材を養成します。

農学部長 橋本 文雄 <img alt=