キノコ廃培地の有効利用

食用キノコの人工栽培・培養技術は飛躍的に進歩していますが、キノコを収穫した後の培地(廃培地という)の多くが廃棄されています。しかしながら、キノコ廃培地には、菌床に含まれる栄養分を分解するための酵素やその他の有効成分を多数含んでおり、有望なバイオマス資源でもあります。私達は、キノコ廃培地の有効利用を目指し、様々な活性評価をおこなっています。

準備中です

icon_000300_256.jpg

研究の最新記事

投稿アイテム

  • 未利用資源の活用
  • 農畜産物の魅力発見!(成分分析や生体調節機能の評価など)
  • 健康な血管機能の維持・改善を目指した研究
  • 抗菌ペプチドの同定および機能性評価
  • キノコ廃培地の有効利用
  • レクチンの精製法および性質の研究
  • ようこそ!

お問い合わせ

加治屋 勝子

鹿児島大学 農学部 食料生命科学科

生分子機能学研究室

<大学院>

農林水産学研究科 食品創成科学専攻

〒890-0065 鹿児島市郡元1-21-24

TEL: 099-285-8631

kajiya_agri.jpg

リンク