鹿児島大学農学部

鹿児島大学農学部附属農場入来牧場

・H27.3.10~13 農場実習Ⅲ

・H27.2.10~12 生物生産学特別実習
・H27.2.24~27 農場実習Ⅲ

・H27.3.10~13 農場実習Ⅲ

・H27.3.10~13 農場実習Ⅲ

・H27.2.10~12 生物生産学特別実習
・H27.2.24~27 農場実習Ⅲ

・H27.3.10~13 農場実習Ⅲ

・H27.2.24~27 農場実習Ⅲ

〒895-1402
鹿児島県薩摩川内市入来町浦之名字大谷4018-3

TEL:0996-44-2204
FAX:0996-44-2199

学生用:実習レポート課題・写真

鹿児島大学農学部附属農場

・H27.8.17~21 農場実習Ⅰ

畜産に関する視察研修等
     お気軽にご連絡下さい。

お問い合わせ

実習名 実習対象
(学科-学年)
実習時期
(期間)
宿泊
実習
生物生産学
別実習
生物生産-1 2月(3日間)
9月(3日間)
農場実習Ⅰ 生物生産-2 8月(5日間)
農場実習Ⅲ
(食品加工実習)
生物生産-3 11月(4日間)
農場実習Ⅲ
(食品加工実習)
生物資源化学-3 2月(4日間)
日帰
実習
農場実習Ⅱ 生物生産-3 4回/年
農場実習Ⅱ 生物生産-2 4回/年

来牧場における実習教育の流れ

過去の実習写真はこちら

鹿児島大学

放牧牛や分娩牛の写真、入来牧場の四季の移り変わり等、随時更新予定です。下記リンクよりご覧下さい。

入来牧場アルバム

過去の実習写真はこちら

・H27.2.10~12 生物生産学特別実習
・H27.2.24~27 農場実習Ⅲ

放牧牛や分娩牛の写真、入来牧場の四季の移り変わり等、随時更新予定です。下記リンクよりご覧下さい。

過去の実習写真はこちら

学生実習アルバム

リンク集

鹿児島大学

放牧牛や分娩牛の写真、入来牧場の四季の移り変わり等、随時更新予定です。下記リンクよりご覧下さい。

入来牧場アルバム

過去の実習写真はこちら

学生実習アルバム
・H27.2.10~12 生物生産学特別実習
入来牧場ギャラリー

リンク集

 生物生産学科の1年生で、農学部の附属農場4施設のうち、入来牧場での実習を選択した学生に対して2泊3日の生物生産学特別実習を行います。この実習では、牛の基本的行動の観察、牛の基本的操作の習得など牛に慣れることを目標にしています。
 2年生になると、それぞれの講座に分かれ専門分野を学んでいきます。そのうち、家畜生産学講座に進んだ学生に対しては、4泊5日の農場実習Ⅰを行います。この実習では、1年生時の生物生産学特別実習で入来牧場以外を選択した学生もいるため、牛のハンドリングを復習し、1年生時よりもより専門的な飼養管理、除角や去勢、体尺測定及び草地管理や飼料、農業機械等について学びます。作物生産学講座に進んだ学生に対しては、日帰りの実習を年4回行い、畜産と耕種農業の繋がりや堆肥作りについて学びます。
 家畜生産学講座の3年生は、3泊4日の農場実習Ⅲを行います。この実習は食肉加工実習となっており、ハム及びソーセージ等を作りながら、肉からハムやソーセージになるまでの加工工程や食肉加工機械及び食品衛生上の注意点を学びます。また、家畜生産学講座の4年生は2泊3日で家畜人工授精師の講習会も行います。事前に座学の講義を受けた上で、実際に牧場で牛を使って直腸検査の練習及び試験を行い、試験に合格すると牛と豚の人工授精師の資格を取得することができます。

習計画


トップ 施設概要 実習教育 社会貢献 研究活動 業績

鹿児島大学

鹿児島大学農学部

鹿児島大学農学部附属農場

鹿児島大学

鹿児島大学農学部

鹿児島大学農学部附属農場

 生物資源学科の学生のうち、食品機能化学講座に進んだ学生に対して、3年生の時に3泊4日で農場実習Ⅲを行います。この実習は、家畜生産学講座の3年生と同じ実習で食肉加工実習となっており、ハム及びソーセージ等を作りながら、肉からハムやソーセージになるまでの加工工程や食肉加工機械及び食品衛生上の注意点を学びます。