本文へスキップ

豊かな気候と条件の中で、未知なる研究と未来への伝承を。

電話でのお問い合わせはTEL.0993-22-2848

〒891-0402 鹿児島県指宿市十町1291

実習・教育Practical Training and Education

実習・演習の内容(対象コースや日程等)

指宿での主な実習は、以下のとおりです。
実習は主に「作物の繁殖方法」「観賞植物の鉢物生産」「農作業機械の運転操作」「作物類の日常管理」「農業施設(温室・ビニルハウス)温度管理」などをおこないます。
他ではあまり見ることのできない様々な珍しい熱帯・亜熱帯性作物に接したり扱ったりすることが、ここ指宿植物試験場での実習の大きな魅力です。

 科目名  対象学科コース・学年 日程   回数
生物生産学
特別実習
 生物生産学科/1年生  2泊3日(春・夏期休暇中)  2回
 農場実習  食糧生産科学科/3年生  2泊3日(春・夏期休暇中)  2回
 農場実習 T  植物生産学コース/2・3年  2泊3日(春・夏期休暇中)  2回
 農場実習 U  植物生産学コース/2・3年  日帰り(概ね 毎月2回程度) 16回 
     

過去の実習の様子(フォトギャラリー)

運搬車(農業機械)の実習風景です。
スタッフによるアシストのもと、
和気藹々と実践に挑みます。
楽しみながら学べる環境づくりをしています。
鉢苗へ施肥している様子です。
集中力と根気の要る作業ですが、
ひとつひとつの苗に向かい、
ひとりひとり、真剣に作業しています。
野菜管理実習のひとつ、
ソラマメの摘花・摘果をしています。
わからないことやコツなど、
都度確認できるので、習得が早まります。
マンゴー果実へネットをかけています。
どんな作業も目的を正しく理解し、
作物や果実へ愛情をもって
丁寧に実践をおこなっていきます。


※ その他 実習の様子や作物、植物等の最新情報については左記リンクのブログにてご紹介しています

実習の一例(農場実習Uの場合)

  1. 集合・移動

    郡元キャンパスに集合後、バスにて指宿植物試験場に全員で移動します。
  2. 講義・実習内容の説明

    指宿植物試験場に到着後、講義室に入り担当教官から実習内容に関する説明・講義が15分程度あります。
  3. 実習

    説明・講義が終わりましたら、担当教官・技術職員指導の下10:00〜14:00(途中昼休憩1時間程度)実習を行います。
  4. 帰校

    実習終了後、後片付け・着替えをしてバスにて郡元キャンパスに戻ります。
  5. 解散

    郡元キャンパスに到着しましたら、解散になります。          集合から解散までが実習になります。

指宿植物試験場/
Ibusuki Botanical Experiment Station of Agricultural Faculty of Kagoshima University
指宿植物試験場



〒891-0402
鹿児島県指宿市十町1291
TEL  0993-22-2848
FAX  0993-22-2970
EMAIL ibusuki@kuas.kagoshima-u.ac.jp