当拠点について

 鹿児島大学農学部附属高隈演習林は、本土最南端に位置し3,062haの規模を有する。演習林は、大隅半島に所在し、鹿児島市からのアクセスも、フェリーと車で60分と容易 な立地条件にある。 演習林には、100年を超えるスギやヒノキなどの、全国演習林でも屈指の人工林を有し、その面積においては1,132haと全国演習林で第1位を誇り、 ヤクスギなど約40品種が成林している。その上、シイ・カシなどの天然生の照葉樹林が広がり、天然林の面積も1,929haと広く、人工林、混交林、 天然林が演習林で観察できる。

 当演習林は、鹿児島県のシンボルである「桜島」(国際火山学及び地球内部化学協会が指定する特定16火山の1つ)の東側に位置し、桜島など活火山由 来の火山噴出物からなる「シラス」などの特殊土壌地帯に分布していることから、豊かな水資源を通じた水文教育だけでなく防災・減災教育上天然の 宝庫とも言える。

 演習林の近くには、①「桜島溶岩実験場:37ha」があり、②大隅半島最南端の「佐多演習林:299ha」がある。①ではヤシャブシ・アカマツなどの 先駆樹種から森林への変遷を観察することができ、②ではヘゴやアコウなど亜熱帯性林(本土北限地)を観察することができ、生物多様性の観点から 教育面でも大変貴重なものとなっている。 本演習林は、①②を含め、合計3,400ha規模の面積(全国演習林第5位)を有し、広大、かつ多様な森林フィールドがまとまった形で存在している。

テンプレートサイズについて

完全幅固定タイプです。
全体的な横幅は960px、メインコンテンツ部分620px(余白除く)、サブコンテンツ部分300px(余白除く)です。サブコンテンツ部分はメニューやバナー等を配置することを想定し、幅を広く取りました。

インデックスページの画像のスライドショーについて

画像がスライドしながら自動で切り替わるように設定しています。切り替わる時間やスライドの時間などいろいろオプションが変更できます。サンプル画像は当方で撮影したものです。画像を差し替えてご利用ください。

使い方について

HTMLファイルのheadタグ内にて、


    <script type="text/javascript">
    $(function() {
        $('#headImage').slideshow({
                autoSlide     : true,
                effect         : 'fade',
                type            : 'repeat',
                interval      : 3000,
                duration      : 500,
                imgHoverStop : true,
                navHoverStop : true
        });
    });
    </script>
            

というように記述します。また、いくつかオプションがあります。

autoSlideスライドショーを自動にするかどうかを選べます。「true」で自動、「false」で自動では動かないようにできます。
初期値は「true」です。
effectスライドする効果の種類です。「'fade'」でフェードイン、「'slide'」で横スライドします。
初期値は「'fade'」です。
typeスライドショーのタイプを選べます。「'repeat'」はカルーセルタイプで画像が最後まで表示されると最初に戻り、ループします。「'stop'」は最後の画像が表示されるとそこでストップします。
autoSlideの値がtrueで、typeの値がstopの場合、最後の画像が表示されない限りは常にautoSlideが有効になっています。最後の画像が表示されると、戻る方向に画像を表示しても、autoSlideが無効になります。
初期値は「'repeat'」です。
interval次のスライドまでの止まっている時間です。単位はミリ秒ですが、単位まで記述する必要はありません。
初期値は「3000」です。
durationスライドするスピードです。単位はミリ秒ですが、単位まで記述する必要はありません。
初期値は「500」です。
imgHoverStop画像にホバーした際、スライドをストップするかを選べます。「true」でスライドをストップ、「false」でスライドをストップしないようにできます。
初期値は「true」です。
navHoverStop画像下のページネーションにホバーした際、スライドをストップするかを選べます。「true」でスライドをストップ、「false」でスライドをストップしないようにできます。
初期値は「true」です。

ページトップへの戻りリンクについて

ページトップへの戻りリンクは、ページの右下に配置しており、スクロールすると現れる仕組みになっています。こうすることにより、ページトップへの戻りリンクが目に入りやすく、ユーザにこのリンクを、より活用していただけるのではないかと思います。

JavaScript(jQuery)の使用について

当CSSデザインテンプレートでは、JavaScript(jQueryライブラリ)を使用しています。使用している箇所は、インデックスページのスライドショー、インデックスページのスライドショー下の3つコンテンツが並んでいるエリア、ページトップへの戻りリンクです。そのため、JavaScriptを有効にしていないブラウザではレイアウト崩れを起こしてしまいますので、ご留意ください。

カスタマイズについて

カスタマイズはご自由になさってください。
制限はありません。

その他、不具合などございましたら
CoolWebWindowにお知らせください。

サンプルタグについて

以下、サンプルタグになります。ご利用の際は参考にしてみてください。

h2タグ

h3タグ

h4タグ

h5タグ
h6タグ

強調(em) より強い強調(strong) 追加(ins) 削除(del)
テキストアンカー

リスト

普通のリスト

  • 普通のリスト1
  • 普通のリスト2
  • 普通のリスト3

番号付きリスト

  1. 番号付きリスト1
  2. 番号付きリスト2
  3. 番号付きリスト3
    li要素の中はブロックレベルのタグを使用することが出来ます。例えば、<p>タグも記述することが出来ます。

定義リスト

定義リスト1
定義した用語の説明
定義リスト2
定義した用語の説明
定義リスト3
定義した用語の説明
dd要素の中はブロックレベルのタグを使用することが出来ます。例えば、<p>タグも記述することが出来ます。しかし、dt要素にはインライン要素しか記述することができません。

テーブル

見出し1見出し2見出し3見出し4見出し5
セル1セル2セル3セル4セル5
セル1セル2セル3セル4セル5
セル1セル2セル3セル4セル5
ページのトップへ戻る