実績(平成30年度)

                          
           
長崎大学教育学部「ゼミナールⅠ」(2018年6月10日~13日)

 今年度3回の来演を計画している皆さん。まず今回は高隈演習林の受入れ事業、地元小学校の総合学習「森のたんけんたい」の指導支援です。この実習は、鹿児島大学大学院生の森林環境学特論を受講している院生、また地元垂水市の社会教育課と連携して行っています。
 実習初日は、初めての高隈演習林でオリエンテーション。翌日から本学院生、社会教育課のメンバーと顔合わせをし、実際に森林で研修を行います。本学の院生は、3人中2人が社会人院生、しかも林業に関わる仕事に携わっています。社会人院生は日頃職場とする林内で子どもたちへどのような視点で森林を教材として扱うか、児童とどのように接するか。長崎大学生は、あまり専門知識の無い森林という環境で、「総合学習の時間」として指導者として児童にどのような声掛けを行うか。
それぞれが自分なりの課題や目標を持って、3日目4日目は、2名1組でチームを組み児童6~7人のグループリーダーとして活動しました。       
 今回の「森のたんけんたい」は、1日で森林散策と沢登りを組み合わるという、高隈演習林でも初めてのプログラム内容を実施。1日大変充実した内容にはなりましたが、新たな課題も見えてきました。次回の2学期11月には「林業体験」が予定されています今回の課題もまた生かしていきましょう!
 長崎大生の皆さん、次回は8月に垂水をフィールドに実習を計画していきます!濃い実習になりそうです。お待ちしています!

                                 










鹿児島大学院生3名、長崎大学生4名顔合わせ☆
まずはコミュニケーションを取ります。








井倉先生のガイドによる演習林内散策へ!
竹林ではこんな問題が出されました。
竹って何に使われる?樹木との違いは?










いよいよ沢登りへ出発!
子どもたちが安全に沢登りできるよう、
まずは自分たちで思う存分体験します!










最後の遊び場ポイント、滝ツボ。
ずぶぬれになって満喫しました!








この沢で何を子どもたちに感じてもらうか?
考えてもらうか?
時間配分はどうか?
検討する材料がたくさん見つかりました。







夜のミーティング。
昼間の研修を通して、明日の活動にどう取り組むか。活動内容や子どもたちへの声掛けを同じ班の学生同士で確認したら、次は全員でワークシートを作ります。じっくり時間をかけて仕上げていきます。









スタッフ全員分のお弁当☆
早朝から学生たちが弁当も作ります。
お昼の楽しみです♪










スダジイに登ったり、中に入ったり?!
大人気です。











お昼からはいよいよ沢登りへ!























最後の滑り台は大人気で順番待ちの長蛇の列!
何度滑っても飽き足らず、、、
全員滑ることができました!










そんな川はどうやって始まってるのか?
シラスの壁から水染み出ている川の始まり(湧水場)も見に行きました。






4日間、本当にお疲れ様でした!
2クラスの子どもたち全員楽しんでくれたようです。総合学習としてはどうだったのか?
様々な反省がありますが、
これはまた今度の課題です!
次回は夏合宿ですね☆お待ちしています。

                  
九州大学農学部 「昆虫相調査(卒業研究)」(2018年5月7日~5月8日)

 教員1名、学生1名、院生2名の計4名で来演されました。
夜間にライトトラップを設置して、誘引される小型のが類を採集し標本の作製を行いました。
鹿児島大学農学部の害虫学研究室の院生も一緒に調査し、情報交換も行いました。        

   










夜になり外は真っ暗になりました。
ライトトラップをセット。
ガを集めます。











しばらくすると、、、、
ガが集まってきたようです!











これは、オオミズアオでしょうか?









羽を広げて標本を作製していきます。
手早く羽を広げないと、
羽がくっついてしまうそうです。
                            
     
          

お問合せ先


内容、日程等の詳細は相談にて。お気軽にお問合せ下さい。

〒891-2101 鹿児島県鹿児島市海潟3237  鹿児島大学農学部附属演習林
Tel:0994-32-6329  Fax:0994-32-7665
事務係:E-mail:tf-jimu@agri.kagoshima-u.ac.jp
担当教員(井倉):E-mail:inotch@agri.kagoshima-u.ac.jp

  
ページのトップへ戻る