test-国立大学法人鹿児島大学農学部・大学院農学研究科

 鹿児島大学は、6月25日、「かごしまルネッサンスアカデミー林業生産専門技術者養成コース」の開講式を開催、続けて3泊4日の講義を実施しました。また、7月19日からは2クールを実施。11月まで全5回に分けてプログラムをおこなっています。
 初日の開講式には、九州一円、遠くは関東地方から集まった受講生14名全員が出席し、高松英夫研究担当理事、枚田演習林長から受講生に向けたあいさつがありました。
 本校が全国に先駆けて実施してきた本講座も12年目に突入し、受講生も160人を超えました。大学が行う林業分野での社会人教育プログラムは他にあまり類例がなく、日本の森林・林業を最前線から支える人材を輩出しつづけています。
 本コースは農学部が開設するプログラムであり、「新しい時代の林業親方をつくる!」と銘打ち、林業組織の中核を担う中堅の現場技術者を対象に、総合的に現場を管理して木材生産をすることのできる人材を育てるための体系的な教育プログラムを、垂水市にある農学部附属高隈演習林を会場に、のべ120時間にわたって提供しています。
 なお、「かごしまルネッサンスアカデミー」とは、本学が実施する履修証明プログラムのうち、主に社会人向けに「地域力」を高めることを目的として実施される人材育成プログラムの総称です。

1.理事挨拶.JPG
 高松理事による挨拶

2.演習林長挨拶.JPG
 枚田演習林長による挨拶

3.集合写真.JPG
 集合写真

4.講義風景.JPG
 室内講義の様子

5.実習風景.JPG
 伐採現場での実習風景

加治屋勝子講師が「かぎん文化財団賞」を受賞

topics お知らせ 教育研究 2018年7月13日 11:20
 
 農学部食料生命科学科の加治屋勝子講師が、平成30年度かぎん文化財団賞を6月29日に受賞しました。かぎん文化財団賞は、公益財団法人かぎん文化財団が、地域文化の発展向上と地域の活性化に貢献する活動に対して表彰金を贈るものです。芸術、スポーツ、伝統工芸などの文化活動および学術分野が対象です。
 
 加治屋講師は地元産食材の機能性研究を続けています。農学部地域連携ネットワークプロジェクトでは南さつま市等と長命草の商品化に取り組み、県農業開発総合センターや地元企業と協力してサトイモの新たな機能性や桜島大根に血管を柔軟にする機能が高いことなども発見しました。研究を地域に還元する積極的な活動が評価されたものです。
180710_kagin01.jpgのサムネイル画像
 

オープンキャンパス情報

topics お知らせ 入試関連 2018年7月 9日 11:36
平成30年度鹿児島大学農学部のオープンキャンパスは、8月5日(日)に実施予定です。
 
 
H30_OCposter.jpg

薩長同盟150年記念オリジナル焼酎「薩摩熱徒」

topics お知らせ 教育研究 2018年6月25日 20:47
 6月15日、鹿児島大学農学部と山口大学農学部が協力して制作したオリジナル焼酎「薩摩熱徒(さつまねっと)」の制作発表会を行いました。
 
 この焼酎は、明治維新150年を記念して鹿児島市と山口市が始めた新たな薩長同盟プロジェクトの一環として、両大学の農学部が結成した「薩長同盟酒プロジェクト」により開発・製造されたものです。
 
 プロジェクトでは、両大学の学生と教員に地元の小学生が加わって、原料のサツマイモ(黄金千貫)と酒米(山田錦)を栽培しました。
 
 制作発表会では、前田学長から、「150年余り前、近代日本の礎を築く若者たちがロンドンで交流したように、山口大学と本学が新たに築いていく薩長同盟の一つの証になれば幸いです。」と挨拶がありました。
 
 その後、プロジェクト代表の本学農学部下田代 智英准教授、農学部3年の佐々木 香菜子さん、梶山 萌さんが概要説明を行った後、「薩摩熱徒」を命名した優秀賞の工学部3年の郷原 稜海さん、準優秀賞の農学部3年の中園 育孝さん、ラベルデザインを手がけたデザイン賞の農学部4年の氏原 悠香里さんらの表彰式が執り行われました。
 
 制作発表会の後には、試飲会も行われ、集まった関係者方々にも「薩摩熱徒」を味わっていただきました。 
 
 「薩摩熱徒」は、7月2日から、鹿児島市の大河ドラマ館などで販売を開始する予定です。また今回、山口大学が販売する日本酒「長州学舎」とのセット商品も販売されます。
 
1.jpg2.jpg
4.jpg3.jpg

焼酎マイスター養成コース第7期 開講式を開催(5月12日)

topics お知らせ 教育研究 2018年5月15日 17:28

 鹿児島大学は、5月12日、「かごしまルネッサンスアカデミー焼酎マイスター養成コース」の開講式を開催しました。
 「かごしまルネッサンスアカデミー」は、平成18年から22年度まで、文部科学省科学技術振興調整費「地域再生人材創出拠点の形成」により実施された人材育成プログラムで、平成24年度からは履修証明制度に基づく社会人向けの人材養成事業として再スタートしています。
 焼酎マイスター養成コースは、焼酎製造業に関わる人、酒類販売や飲食業に携わる人、さらには観光業や自治体職員等、焼酎を通じて鹿児島の魅力を発信するすべての人を対象としたものです。
 開講式では、はじめに前田芳實学長から、「様々な知識や技術を習得し、焼酎を通じて鹿児島の魅力を伝える発信源として、また焼酎業界を盛り上げる起爆剤として活躍されることを期待します。」と挨拶がありました。続いて、焼酎マイスターコースにご支援をいただいている鹿児島県酒造組合の濵田雄一郎会長、料飲専門家団体連合会の日置晴之専務理事、岩井久農学部学部長からそれぞれ受講生の皆さんへの期待が述べられました。
 最後に、受講生を代表して芝和磨さんが「教員の方達や幅広い職業や年代の仲間との出会いに感謝し、語り合い、切磋琢磨していくことで業界の発展に貢献し、焼酎マイスターとして先頭に立ち、焼酎の魅力を伝えていけるよう努力していきたい。また、若い世代に焼酎業界に携わり、伝統を守っていくことの素晴らしさ・かっこよさを伝えられるマイスターになることを目標としたい。」と決意を述べました。
 開講式終了後はオリエンテーションが行われ、昼食を挟んで早速第1回の講義「芋焼酎の歴史」が行われました。また、同日、第6期修了生の希望者を対象としたSSI(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会)「焼酎唎酒師  」の資格試験も行われました。

学長挨拶2.jpg
前田学長による挨拶

岩井学部長挨拶2.jpg
岩井農学部長による挨拶

受講生代表挨拶2.JPG
受講生代表 芝さんによる挨拶

 学長挨拶2.jpg

 

「花壇づくりボランティア10周年記念植樹式」

topics お知らせ 2018年4月11日 09:42

 農学部では、農・獣医共通棟前の花壇などにおいて、平成20年から毎年ボランティアの市民の方や学生に花苗作り、植え付け、草取り、水やりなどの管理をしていただいております。参加者は、この10年間で約100名になります。
 
 これまで、多くのボランティアの方にご協力いただき、四季折々の花でいっぱいの素敵な花壇を作るとともに、市民と大学の交流を図る機会としてきました。

 花壇づくりボランティアの10周年を記念して、4月10日に「花壇づくりボランティア10周年記念植樹式」を行いました。
 

 前田学長から、「この花壇ボランティア活動をして頂いた皆様、そして現在、ご奉仕頂いている皆様に、心から感謝を申し上げますと共に、これからもこの花壇が、美しい花々で満たされ続けていくことを祈念し、皆様がこれからも鹿児島大学の応援団として、お力をいただけますことをうれしく思います。」と謝辞が述べられました。

 

4.jpg

(写真:学長挨拶)

 

3.jpg

(写真:学長、農学部長とボランティア代表の植樹の様子)

 

3.jpg

(写真:ボランティアの方の植樹の様子)

 

00.jpg
(写真:記念植樹を囲んで)

ショウガを鹿児島の特産品に!

topics お知らせ 教育研究 2018年3月19日 20:26

鹿大と肥料会社が共同研究 減農薬・機能成分も向上

 

 食品機能科学研究室の侯徳興教授と土壌科学研究室の池永誠准教授は、鹿児島大学かごしまCOCセンター冨永茂人特任教授による仲介のもと、鹿児島市の地元企業である株式会社テクノマックス南日本とショウガの特産品化を目指し、共同研究を開始しました。

 

 同社が特許を持つ栽培方法(リセット農法)をショウガ栽培に用いると、従来より減農薬・低コストが可能になり、機能成分の含有量も向上しました。

 

 ショウガは土壌中の菌に弱く病気にかかりやすい作物ですが、リセット農法を用いることにより、罹病ショウガの減少が認められるようになりました。

 

 現在では土壌微生物の視点から、メカニズムの解明に向け研究を進めています。

 

1shouga.png



(南日本新聞記事 平成30年3月2日)

shouga.png

 


 
 

比較環境農学研究室の西 修平君が受賞

topics お知らせ 教育研究 2018年3月 6日 17:53

進取の精神学生表彰選考委員会において比較環境農学研究室の西 修平君が凖優秀賞に選ばれ、受賞しました.

 シーアスパラガス(和名・アッケシソウ)はヨーロッパやアメリカのハワイなどでは野菜として料理に使われているのですが、野生のものを使うことが多く、栽培がたいへん難しい植物です.

 西君は卒業研究としてシーアスパラガスの栽培技術の確立を目指し、農学部比較環境農学研究室、本学農場にて鋭意取り組み、この栽培が困難とされているシーアスパラガス栽培の安定生産に成功しました.

 その結果、天文館の野菜販売店「ゆめりあ」で定期的に販売できるまでになりました.そのため、南日本新聞に取り上げられ、注目されるようになると、NHK鹿児島の生放送が本学農場で行われ、シーアスパラガスが紹介されました.

 現在はシーアスパラガスを鹿児島の特産にすべく努力する毎日です.

 栽培が困難であったシーアスパラガス栽培に挑み、栽培法を確立し、そこに満足せず、生産販売し、消費者の声まで聞いて鹿児島大学産のシーアスパラガスの名前を多くの人に知ってもらうことができたと言う成果を出したことが「進取の精神」に合致し、この度の受賞となりました。

 

 

02.jpegのサムネイル画像

(写真:シーアスパラガスを手入れする西君)

pasta.jpeg

(写真:パスタに使った調理例)

 

Image.jpeg

(写真:店頭での販売)

 

01.jpeg

(写真:受賞の様子)

 

焼酎学講座10期到達記念イベント~特別醸造芋焼酎製造~

topics お知らせ 教育研究 2018年3月 6日 17:45

鹿児島大学農学部附属焼酎・発酵学教育研究センターは、前身の焼酎学講座が平成18年4月に開設発足し、平成21年3月に1期生卒業以来、平成30年3月には10期生を送り出すことになったことを記念して、卒業生を主体とした記念イベントを開催することとなった。

 

その中で、1〜10期までに取り組んできた研究成果の一部を1回の仕込みに盛り込んだ特別醸造芋焼酎を製造し、一部を商品化し、販売することとなった。

 

特別醸造芋焼酎の名称「北辰蔵だより『10』」は,焼酎学講座全同窓生と在校生から募集・投票を行い決定した。

 

学び舎である北辰蔵からの便りという意味が込められている。製造は、1期生である社会人修了生の蔵元で行い、製造工程を同窓生・在校生が手伝ってきた。ラベルとリーフレットのデザインは,8期生の卒業生によるものである。

 

本企画は,主に卒業生・在校生からの寄附金で運営しており、この取組を通じて,焼酎学講座の卒業生同士、また先生方や大学とつながり、鹿児島県の発酵産業の活性化へのさらなる貢献を目指している。

 

詳しい内容はこちら

 

180228syouchuu.jpg

(写真:特別醸造芋焼酎発表に臨むイベント実行委員(焼酎学講座卒業生)と岩井農学部長、及び焼酎・発酵学教育研究センター教員)

池永先生が, 第33回日本土壌肥料学会奨励賞, 環境微生物系学会合同大会2014優秀ポスター賞(共同受賞), 日本土壌微生物学会最優秀ポスター賞に続き, 日本微生物生態学会で第3回日本微生物生態学会奨励賞を受賞しました。

 

人工核酸Locked Nucleic Acid(LNA)を用いた植物共存微生物の菌叢解析

 

植物共存微生物(細菌と糸状菌)の菌叢を, 迅速かつ簡便に解析する実験手法を開発しました。当手法を用いることで, 植物—微生物の関係性が詳細に解明できるようになった他, 植物に共存している有益な微生物や新種の微生物が発見できるようになりました。8月に仙台で開催された環境微生物系学会合同大会2017で受賞講演を行いました。

 

土壌科学研究室の池永先生と境先生が確立した当該技術(特許第5846496, 特開2017-163891)は, 企業とライセンス契約を締結し, 外注解析が出来るようになりました。また、斬新な研究成果として, 日本微生物生態学会誌のリサーチ最前線, M&Eハイライトにも選ばれました。

 
 
 
ikenaga02.png
 
ikenaga03.png
 
 
ikenaga01.png
受賞講演の様子