test-国立大学法人鹿児島大学農学部・大学院農学研究科

国立大学法人 鹿児島大学農学部 Topics & News: アーカイブ

教育研究の最近のブログ記事

日本土壌微生物学会2019年度北海道大会(2019年6月15日・16日於北海道大学)において、
土壌科学研究室の葛城翔平さん(修士2年)が優秀ポスター賞を受賞しました。
共同受賞者は、同研究室の池永誠准教授と境雅夫教授です。

優秀ポスター賞を受賞したポスターの題目は以下の通りです。

演題番号P-2 分子生態学的手法を用いた植物共存細菌群遺伝子の増幅効率の向上と適応可能な栽培植物の拡大

A1.png2.pngz1.png

「焼酎マイスター養成コース」第8期開講式を開催(5月11日)

 鹿児島大学は、5月11日、「かごしまルネッサンスアカデミー焼酎マイスター養成コース」の開講式を開催しました。令和元年生となる第8期生は21歳から68歳までの59名です。
「かごしまルネッサンスアカデミー」は、平成18年度から22年度まで、文部科学省科学技術振興調整費「地域再生人材創出拠点の形成」により実施された人材育成プログラムで、平成24年からは履修証明制度に基づく社会人向けの人材養成事業として再スタートしています。
「焼酎マイスター養成コース」は、焼酎製造業に関わる人、酒類販売や飲食業に携わる人、さらには観光業や自治体職員等、焼酎を通じて鹿児島の魅力を発信する総ての人を対象としたものです。

 開講式では、はじめに岩井久理事から「学内教員のみならず、第一線で活躍されているエキスパートの方も講師としてお招きし、質の高いプログラムになっていると自負しております。ここでの学びが有益なものとなるよう取り組んでまいりますので、2月までの長い期間となりますが、様々な知識や技術を習得いただき、焼酎を通じて鹿児島の魅力を伝える発信源として、また、焼酎業界を盛り上げる起爆剤として活躍されることを祈念しております。」と挨拶がありました。
 続いて、焼酎マイスター養成コースにご支援いただいている鹿児島県酒造組合の本坊浩幸副会長と、飲料専門家団体連合会・日置晴之専務理事から「世界のお酒における本格焼酎の商品特性を理解し全国・世界へ発信をすることを期待する」と述べられました。また、本コース卒業生の焼酎マイスターの方々で結成されたかごしま焼酎マイスターズクラブの案内を同クラブ鮫島吉廣理事長がされました。

 主催学部として農学部副学部長北原兼文教授から「世界で唯一、焼酎学を教育研究している鹿児島大学で学べる貴重な機会であり、多くを学び吸収して本格焼酎の語り部となり焼酎文化の承継となってほしい」との激励の言葉がありました。
 最後に、受講生を代表して渡辺勝さんが「この令和元年の年に年齢幅のある同じ目標を持つ学生という立場の仲間がこんなにいらして、更にがんばろうと決意を新たにしました。焼酎の魅力を伝えていけるよう努力したい」と決意を述べました。
開講式終了後は、オリエンテーションが行われ、昼食を挟んで、第1回の講義「芋焼酎の歴史」が行われました。
 また、同日、第7期修了生の希望者を対象としたSSI(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会)公認「焼酎唎酒師」の資格試験も行われました。

①開講式開始.jpg
開講式の様子

③岩井理事挨拶.jpg
岩井久理事の挨拶

⑦農学部副部長北原教授挨拶.jpg
北原兼文農学部副学部長の挨拶

⑧受講生代表挨拶.jpg
受講生代表の挨拶

⑨8期生集合写真.jpg
8期生集合写真

鹿児島大学で開発した独自の栽培方法で育てた"鹿児島産ハバネロ"を使った超うま辛調味料"Death x Death Source"。
鹿大・寺田農園(株)・メブキが共同開発しました。
カプサイシンがぎゅ~っと詰まっています。
image2.jpeg
 農学部では、下記の要領でプロジェクト研究員または研究支援者を募集いたします。

職   種 :食肉科学研究分野プロジェクト研究員または研究支援者 1名
職務内容  :革新的技術開発・緊急展開事業の研究推進業務
       ICT牛管理システムの構築研究及びそのための基礎調査
       (調査のために出張があるので、出張業務に支障がない方)
       その他データ入力集計作業
資格・経験等:家畜管理学・家畜行動学の知識を持っている方が望ましい
       IT農業に興味を持っている方
雇用期間  :2019年7月1日~2020年3月31日
       (前年度の研究実績により2021年3月末日まで更新の可能性有り)
募集締切  :平成31年5月17日(金) 17時必着
問合せ先  :鹿児島大学農学部 教授 後藤貴文 TEL 099-285-8699

詳しくはこちらをクリックしてください。

日本熱帯農業学会第125回講演会において優秀賞受賞


日本熱帯農業学会第125回講演会(2019年3月16-17日、千葉大学)において、
学生優秀発表賞、学生優秀口頭発表賞 1)を中尾祥宏(連合農学研究科1年 / 熱帯作物学研究室)、

最優秀ポスター発表賞2)を岩田晋子(農学研究科2年/ 熱帯作物学研究室)が、それぞれ受賞しました。


1)イネの天水直播栽培におけるプライミング種子利用リスクの検討(中尾祥宏・坂上潤一)
2)完全冠水下におけるイネの根の通気組織及び酸素漏出バリアの形成(岩田晋子・中園幹生・籔田伸・坂上潤一)



熱帯作物学研究室のホームページはこちら http://ace1.agri.kagoshima-u.ac.jp/agri0004/



f5ea7ed7d0ae66cec489151f06f5987c3e3be802-thumb-440x342-6046.jpgph1.jpg

焼酎マイスター養成コース 第7期 修了式を開催

 2月16日(土)、かごしまルネッサンスアカデミー焼酎マイスター養成コース第7期修了式および焼酎マイスター認定証授与式が開催されました。
 本コースは、学校教育法に基づく総時間数120時間以上の教育プログラム「履修証明プログラム」を利用したもので、今までで最多の修了者69名が、9カ月にわたり、「焼酎の基礎」「焼酎の商品知識」「焼酎マーケティング」等を学び、焼酎について幅広い知識を習得しました。
 前田芳實学長から履修証明を証明する履修証明書が、鹿児島県酒造組合・本坊浩幸副会長から酒造組合が認定する焼酎マイスター認定証が、修了者一人ひとりに手渡されました。
 前田学長から挨拶の中で、「本アカデミーを修了された皆様方が鹿児島の活性化・発展のために原動力となり活躍されることを期待します」とお祝いの言葉が贈られました。本コースの運営に対しご支援いただいた鹿児島県酒造組合の本坊浩幸副会長からは、「焼酎マイスターの称号を活用し、鹿児島県の魅力を多くの人に発信していただくようお願いします」と激励の言葉が贈られ、また、料飲専門家団体連合会の板場正義理事とかごしま焼酎マイスタークラブの鮫島吉廣理事長から「修了者の今後の活躍を祈念します」とエールを贈られました。
 修了者を代表し、宮城満則さんから、本コースの運営に関わる方々へのお礼と今後の抱負が述べられた後、岩井農学部長より特に優秀と判断された6名の修了者に表彰状と副賞が手渡されました。
 今年度は、二人目の外国籍(韓国)「焼酎マイスター」も誕生しました。また、神奈川、福岡、香港在住の焼酎マイスターも誕生し、幅広い地域で「焼酎の語り部」として、今後のさらなる活躍が期待されます。


①履修証明授与.JPG  ③最優秀者表彰DSC_7700.JPG
 履修証明授与                最優秀者表彰

③農学部長DSC_7713.JPG  ④修了式集合写真20190216.JPG
 岩井農学部長挨拶              修了式集合写真

鹿児島大学農学部が、文部科学省「国費外国人留学生の優先配置を行う特別プログラム」に採択され、農学部・水産学部連携 国際食料資源学特別コースに国費外国人留学生の優先配置を受けることになりました。


 農学部と水産学部が連携して食料問題解決の教育を行う国際食料資源学特別コースに、今後食料問題が顕著化する可能性の高い東南アジアの沿岸地域諸国からの留学生を配置するものです。本プログラムは、食料生産の脆弱性を解消するために必要な技術を習得し、地域の食料生産と食料資源供給の安定化に貢献すると共に、海外の優秀な人材を養成することを目的としています。

 

プログラム名:

(日本語)東南アジアにおける食料資源の管理と活用

(英 語)Conservation and utilization of food resources in South-East Asia


国費留学生募集の詳細はコチラ

スクリーンショット 2018-12-25 11.08.40.png
  鹿児島大学では、11月22日、「かごしまルネッサンスアカデミー・「林業生産専門技術者」養成プログラム」の修了式を行いました。
 「かごしまルネッサンスアカデミー」とは、本学が実施する履修証明プログラムのうち、主に社会人向けに「地域力」を高めることを目的として実施される人材育成プログラムの総称です。

 文部科学省認定の職業実践力育成プログラム(BP)でもある本プログラムが11月22日に最終日を迎え、修了式を行いました。式には修了生13名が出席し、前田由芳實学長から祝辞と修了証書が授与されました。

 本プログラムは今年で12年目。『新しい時代の林業親方をつくる』と銘打ち、社会人向けの実践的な職業訓練を行っています。林野庁九州森林管理局とは、林業の成長産業化及び農山村地域の振興に向けた連携と協力の協定を締結し、カリキュラム開発、普及、他大学との連携等に力を注いでおり、受講者総数は160人超、森林林業白書やNHK総合テレビ(全国放送)でも取り上げられるなど、日本の林業界において存在感と影響力を発揮し続けています。

 今後も、現場で働くプロの方々を対象として、本学の持つ人的資源・ネットワークを活かし、日本の森林・林業を最前線で支える人材の育成に取り組みます。


 181204-1.jpg    181204-2.jpg
 演習林の機材を活用した実習風景           課題解決型のグループワーク

 181204-3.jpg    181204-4.jpg
 前田学長による挨拶                 修了式集合写真

農学部が開発協力した新商品

農学部が開発協力した新商品取扱いのお知らせ

インフォメーションセンターでは、

11月20日より新商品の取扱いを開始しました。

鹿児島大学農学部・鹿児島県南さつま市・(株)アトピーラボ(本社:福岡)の3者の協力により完成した有機長命草シリーズ製品3種類を販売します。

是非、店頭にてお買い求め下さい。

 

★有機長命草シリーズ

(1)「有機長命草茶 ティバッグ」3gx30包 1,600円(税込)
(2)「有機長命草 青汁」60g入り 1,600円(税込)
(3)「有機長命草 青汁スティック」5gx30包 3,800円(税込)


tyoumeisou_1.jpg

農学研究科生物資源化学専攻食品機能化学講座 修士1年の大林桃百香さんが、第8回学術集会日本ラクトフェリン学会賞 冨田賞(応用部門)を平成30年10月27日に受賞しました。日本ラクトフェリン学会賞は、日本ラクトフェリン学会が、発表演題の中から優れたラクトフェリン研究活動に対して表彰するものです。

 

 大林さんは乳由来成分であるラクトフェリンのマラリア原虫に対する増殖阻害効果の研究に取り組んでいます。大林さんが所属する食品化学研究室では食品の機能性の基礎研究と、それを活用する応用研究を展開しており、その中で、ラクトフェリンの新たな機能性として、マラリア原虫に対する有効性を発見しました。これらの研究活動が高く評価されたものです。



001.png


002.png