test-国立大学法人鹿児島大学農学部・大学院農学研究科

新しいサトイモ栽培法「湛水畝立て栽培」

topics お知らせ 教育研究 2017年11月22日 14:15

~水田機能を活かした環境に優しいサトイモ栽培法により収穫量の増量と優良種いもの生産を実現!~

農学部の遠城道雄教授(研究代表者)、中村正幸准教授、加治屋勝子講師らの研究グループは、平成28年度から農林水産省「革新的技術開発・緊急展開事業」(地域戦略プロジェクト)の事業採択を受け、「サトイモの優良種いも増殖および生産性向上」のための現地実証研究に着手しました。

鹿児島大学(研究代表機関)、南九州大学、鹿児島県農業開発総合センター、宮崎県総合農業試験場、鹿児島県大隅加工研究センターを中心に鹿児島県と宮崎県の普及担当機関、JA、生産者の協力を得て「湛水サトイモコンソーシアム(研究グループ)」を結成。新しいサトイモ栽培法である「湛水畝立て栽培」により、優良種いも増殖を図る実証研究に着手しました。

「湛水畝立て栽培」では、養分の吸収が高まり、気孔がよく開いて光合成が活発になることで、いも個数は約2割増収しました。また、土壌中の病原菌DNAを抽出して菌密度を測定する技術を開発し、病害いもが減少していることも確認できました。さらに、従来は廃棄していた親いもが利用可能になり、パウダーやペーストなどの一次加工品の試作に成功。冷麺や煎餅への加工も可能になりました。親いもの出荷や加工品の販売により農家所得の向上も期待できます。
このような水田の多面的機能を活用した栽培法は、これからの農業に大きく貢献できるものと期待されています。

satoimo1.pngのサムネイル画像

畝間(うねま)に水を掛け流すだけ の湛水畝立て栽培法      
 

スクリーンショット 2017-11-22 19.17.57.pngのサムネイル画像のサムネイル画像

親いもを乾燥して一次加工したパウダー(左)と開発された冷麺(右)                              

      


 

Special Course in International Food and Resource Sciences will accept some privately-financed international students. For detailed information, please see the application guidelines for privately-financed international students (AY 2018) which will be posted in the Website of Kagoshima University (in Japanese).

 

For inquiries, please contact:

Special Course in International Food and Resource Sciences

Student Affairs Section

Faculty of Agriculture, Kagoshima University

Korimoto 1-21-24, Kagoshima, 890-8580, Japan

Tel: +81-99-285-8666, Fax: +81-99-285-3533

E-mail: nkgaku@kuas.kagoshima-u.ac.jp

 

平成30年度4月入学私費外国人留学生の募集について

国際食料資源学特別コースでは、平成30年度4月入学の私費外国人留学生を募集します。

出願期間および試験実施日は以下の通りです。

出願期間: 2018年1月16日(火)~18日(木) 17時必着

実施日: 2017年2月3日(土)

詳細については、2018年度学生募集要項(私費外国人学部留学生入試)をご確認ください。

国際食料資源学特別コースでは、平成30年度4月入学者を募集します。

出願期間および試験実施日は以下の通りです。

出願期間: 2017年1月22日(月)〜 1月31日(水)

実施日: 2017年2月25日(日)

詳細については、入試情報をご確認ください。

林業親方、農学部から羽ばたく

topics お知らせ 教育研究 2017年11月10日 14:52

10月20日、鹿児島大学の履修証明課程であり、文部科学省認定の職業実践力育成プログラム(BP)でもある「林業生産専門技術者養成プログラム」が最終日を迎え、修了式を行いました。式には修了生6名が出席。前田学長からの祝辞と修了証書が授与されました。

 本プログラムは今年で11年目。『新しい時代の林業親方をつくる』と銘打ち、大学が行う社会人向けの実践的な職業教育を、全国に先駆けて行っています。林野庁九州森林管理局とは、林業の成長産業化及び農山村地域の振興に向けた連携と協力の協定を締結していて、カリキュラム開発、普及・連携などにも力を注いでおり、受講者総数は150人超、森林林業白書やNHK総合テレビ(全国放送)でも取り上げられるなど、日本の林業界において存在感と影響力を発揮し続けています。

 本プログラムは今後も、現場で働くプロの方々を対象として、本学の持つ人的資源・ネットワークを活かし、日本の森林・林業を最前線で支える人材の育成に取り組みます。

【プログラムHP】 http://ace1.agri.kagoshima-u.ac.jp/ringyo/

【応募先:かごしまルネッサンスアカデミーHP】 http://www.rdc.kagoshima-u.ac.jp/kra/

【事務局:農学部附属高隈演習林】 http://ace1.agri.kagoshima-u.ac.jp/~takakuma/

 

P7282725.JPG P8223698.JPG
 演習林での野外実習                                                作業工程を分析する演習
 
 
P8243932.JPGP6010931.JPG

 熊本県の見学先にて                                                   木材市場を見学

 
 
PA120724.JPG
 問題解決型のグループワーク
 
PA201031.JPG
修了式        

秋のオープンキャンパス

お知らせ 入試関連 学生係お知らせ 2017年10月26日 18:24

鹿児島大学初の秋のオープンキャンパスを開催します。体験講義や学部別キャンパス探検などのイベントが開催されます。当日は大学祭の期間中です!農学部も農作物の販売や学生の模擬店など多数出店します。ぜひお越しください!

詳しくはこちらで

oc_fall.png

平成29年4月27日、鹿児島大学農学部長の岩井久教授が地元農家への防除技術を提供してきた功績が評価され、日本植物病理学会の学会賞を受賞しました。盛岡であった学会で授賞式と記念講演に臨みました。岩井教授は、1980年から本格的に「ポティウイルス属」の研究を始め、90年代からは多くの地域でウイルスの駆除を行なってきました。

 

IMG_3565.JPG

IMG_3573.JPG

南日本新聞記事

南日本新聞H290626.pngIMG_3568.JPG

鹿児島県産トウガラシのブランド化に挑戦中

topics お知らせ 教育研究 2017年9月27日 14:08

熱帯作物学研究室では、 鹿児島県産のトウガラシのブランド化に挑戦中です。
本坊酒造とコラボしてリキュールを試作しました。 topics3.png

「シーアスパラガス」の栽培に成功

topics お知らせ 教育研究 2017年9月27日 13:21

比較環境農学研究室の志水勝好教授のゼミが、日本ではまだ珍しい野菜「シーアスパラガス」(和名・アッケシソウ)の栽培に成功しました。志水教授らは「鹿児島の新しい農産物として売り出せないか」と期待を掛けています。

seaaspla.jpg

『新かごしま「"食"と"職"」の魅力向上・加速化プロジェクト』の一環として食品関連産業の技術強化を図るため,県内大学や公設試等における研究・技術シーズの紹介及び研究室の訪問等を通じて,産学官連携による事業者と大学・公設試等との交流・情報交換を促進するラボツアーを開催しました。詳しくはこちら
平成29年度食品加工技術レベルアップ支援事業ラボツアー開催

合格発表掲示物.jpg