test-国立大学法人鹿児島大学農学部・大学院農学研究科

修士1年の大林桃百香さん、第8回学術集会日本ラクトフェリン学会賞を受賞

農学研究科生物資源化学専攻食品機能化学講座 修士1年の大林桃百香さんが、第8回学術集会日本ラクトフェリン学会賞 冨田賞(応用部門)を平成30年10月27日に受賞しました。日本ラクトフェリン学会賞は、日本ラクトフェリン学会が、発表演題の中から優れたラクトフェリン研究活動に対して表彰するものです。

 

 大林さんは乳由来成分であるラクトフェリンのマラリア原虫に対する増殖阻害効果の研究に取り組んでいます。大林さんが所属する食品化学研究室では食品の機能性の基礎研究と、それを活用する応用研究を展開しており、その中で、ラクトフェリンの新たな機能性として、マラリア原虫に対する有効性を発見しました。これらの研究活動が高く評価されたものです。



001.png


002.png