test-国立大学法人鹿児島大学農学部・大学院農学研究科

鹿大と肥料会社が共同研究 減農薬・機能成分も向上

 

 食品機能科学研究室の侯徳興教授と土壌科学研究室の池永誠准教授は、鹿児島大学かごしまCOCセンター冨永茂人特任教授による仲介のもと、鹿児島市の地元企業である株式会社テクノマックス南日本とショウガの特産品化を目指し、共同研究を開始しました。

 

 同社が特許を持つ栽培方法(リセット農法)をショウガ栽培に用いると、従来より減農薬・低コストが可能になり、機能成分の含有量も向上しました。

 

 ショウガは土壌中の菌に弱く病気にかかりやすい作物ですが、リセット農法を用いることにより、罹病ショウガの減少が認められるようになりました。

 

 現在では土壌微生物の視点から、メカニズムの解明に向け研究を進めています。

 

1shouga.png



(南日本新聞記事 平成30年3月2日)

shouga.png