test-国立大学法人鹿児島大学農学部・大学院農学研究科

焼酎学講座10期到達記念イベント~特別醸造芋焼酎製造~

鹿児島大学農学部附属焼酎・発酵学教育研究センターは、前身の焼酎学講座が平成18年4月に開設発足し、平成21年3月に1期生卒業以来、平成30年3月には10期生を送り出すことになったことを記念して、卒業生を主体とした記念イベントを開催することとなった。

 

その中で、1〜10期までに取り組んできた研究成果の一部を1回の仕込みに盛り込んだ特別醸造芋焼酎を製造し、一部を商品化し、販売することとなった。

 

特別醸造芋焼酎の名称「北辰蔵だより『10』」は,焼酎学講座全同窓生と在校生から募集・投票を行い決定した。

 

学び舎である北辰蔵からの便りという意味が込められている。製造は、1期生である社会人修了生の蔵元で行い、製造工程を同窓生・在校生が手伝ってきた。ラベルとリーフレットのデザインは,8期生の卒業生によるものである。

 

本企画は,主に卒業生・在校生からの寄附金で運営しており、この取組を通じて,焼酎学講座の卒業生同士、また先生方や大学とつながり、鹿児島県の発酵産業の活性化へのさらなる貢献を目指している。

 

詳しい内容はこちら

 

180228syouchuu.jpg

(写真:特別醸造芋焼酎発表に臨むイベント実行委員(焼酎学講座卒業生)と岩井農学部長、及び焼酎・発酵学教育研究センター教員)