2011年4月アーカイブ

4月22日(金)、山口大学において、鹿児島大学と山口大学による「共同獣医学部」協定締結式を行いました。

 この本学と山口大学による「共同獣医学部」の設置については、2大学による具体的な検討を開始してから約1年半が経過しており、現在まで両大学関係者間による調整作業は順調に進んでおります。

 今回の協定締結式は、いわゆる「共同教育課程実施制度」を進めるうえで定められた手続き(設置の1年前までに~大学間協定を締結すること)に基づき、開催したものであり、今後は、5月初旬に文部科学省へ設置に係る申請を行い、順調に進めば、6月中旬には学部設置が承認される予定です。

 式開始前には、東日本大震災で犠牲になられた方々に哀悼の意を表し、出席者全員による黙とうが行われました。
式では、初めに丸本卓哉山口大学長から「本日協定締結式が行えることを大変うれしく思う」と挨拶があり、続いて、吉田浩己鹿児島大学長より「九州新幹線の全線開通で往来が便利になった。それぞれの大学の特徴を生かした質の高い獣医学教育を提供していきたい」と、共同学部設置への意欲を示され、その後、両学長が協定書に調印し、記念撮影を行いました。

 全国初の“共同学部”設置を獣医学分野において実現することにより、本学の特色である「高度産業動物獣医療」と、山口大学の特色である「伴侶動物の高度獣医療」を併せ持つ教育・研究の場が生まれ、スケールメリットを生かしたリソースの充実による質の高い教育が実現することが期待されます。さらには、人と動物がともに生きる社会、豊かな地球環境の創生を目指した、共同学部の設置により、南日本又は西日本地区における獣医学教育・研究の拠点としてさらなる発展を目指すこととなります

110422kyoudoujuui.jpg (丸本卓哉山口大学長(右)と吉田浩己鹿児島大学長(左))

このアーカイブについて

このページには、2011年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年3月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。