目的・学べること

目的

素材生産の現場における高度な「林業生産専門技術者」を養成します。本プログラムは、鹿児島大学が社会人のために実施する特別の課程です。大学が有する知的資源と林業界との共同事業を実践する中で培った経験を活かして、安全と環境に配慮しつつ持続的な素材生産を実行できる人材を育成します。

03.jpg

対象者

素材生産事業を実施している事業体(森林組合、林業事業体等)の生産管理者(班長、監督、現場代理人等)およびその候補者の方。請負作業実施者の中から生産管理者としてステップアップを考えている方。

教育目標

(1) 森林所有者等(フォレスター、森林施業プランナー、森林組合など)からの木材生産の依頼に対し、資源循環利用を考えた適正な生産システムによる現場管理ができるようになる
(2) 対象森林の状況を判断し、
 ① 適正な生産システム(高性能林業機械の運用、人員の配置等)の選択
 ② 壊れにくく効率の良い作業路網の作設(地質、地形等から路網密度、幅員等を最適化)
 ③ 安全・環境に配慮しながら、生産費用・収益の見積もりを正しく行うことができるようになる
(3)木材生産に関わる諸規制、木材流通・利用の最新動向を考慮し、木材市場及び直送需要等の状況に応じた最適な選木・採材ができるようになる

学べること

1 木材の市況、新しい利用技術について学ぶことができます。
2 最適な伐採方法、林分調査手法、情報機器の取り扱いについて学ぶことができます。
3 壊れにくい作業路網の設計や施工について学ぶことができます。
4 生産システム選択、工程管理について学ぶことができます。
5 安全管理の考え方やコスト計算・管理、現場リーダーに必要な知識を学ぶことができます。
6 専門家や地域を超えた同業者との交流の場となります。

受講の特典

1 所定の要件を満たした方には、鹿児島大学より学校教育法に基づく正規の「履修証明書」を発行します。キャリアアップのための研修・訓練証明に利用できます。
2 林業技士養成研修の受講資格要件の短縮措置。受講に必要な実務経験年数が1年短縮されます。
3 森林分野CPDポイントとして認定されます(一部の科目のみ)

02.jpg