test-国立大学法人鹿児島大学農学部・大学院農学研究科

学科の紹介

コース紹介

 焼酎をはじめとする発酵食品は固有の気候風土と農産物を背景に、その製造法や原料、微生物の特性を理解して活用すること でオリジナリティー溢れる市場を創出してきました。本コースは、その風土性と伝統性を学びつつ新たな展望を開くための研究 開発と、微生物の機能を分子レベルで解き明かしその利用や開発を行うことを目指しています。本コースの3 つの研究分野の特徴 をあげると、焼酎製造学分野は焼酎や発酵食品の香気成分の同定や機能性の検索を通じて新たな製造法や機能性食品素材の開発 を目指します。醸造微生物学分野は醸造微生物の育種とその機能を解明します。応用分子微生物学分野は微生物に秘められた優 れた能力を分子レベルで解明しその利用や開発を行います。

研究室紹介

教育目標

 焼酎などの伝統的発酵食品及びさまざまな微生物に関連した基礎から応用にわたる広範囲な知識と技術の習得により、発酵食 品をはじめとする微生物の利活用分野における技術を継承し、かつ新技術開発のリーダーとなる人材を養成する。

2ポリシー

ディプロマポリシー

  1. 生物資源を活用して人類の生活を豊かにするために、幅広い農学の知識と生命現象や生体成分に関する基礎的な知識を身に つけている。
  2. 微生物の取り扱いからその機能並びに利活用に関する専門的な知識と技術を身につけている。
  3. 焼酎をはじめとする発酵食品に関する専門的な知識を身につけている。
  4. 焼酎発酵・微生物科学に関する研究方法を習得し、データの整理と結果の考察を適切に行い、それらを他人に説明できる能力を身につけている。

カリキュラムポリシー

  1. 農学における幅広い知識と食料生命科学を学ぶための基礎的知識と技術を習得するために農学、化学、生物学に関する基礎 的科目と実験を配置する。
  2. 微生物の取り扱いからその機能並びに利活用に関する専門的な知識と技術を身につけるための科目と実験を配置する。
  3. 焼酎をはじめとする発酵食品に関する専門的な知識と技術を身につけるための科目と実験、実習を配置する。
  4. 焼酎発酵・微生物科学に関する研究方法の修得や実社会で役立つ問題解決能力および国際的視野を養う科目を配置する。