コース紹介

焼酎をはじめとする発酵食品は固有の気候風土と農産物を背景に、その製造法や原料、微生物の特性を理解して活用することでオリジナリティー溢れる市場を創出してきました。本コースは、その風土性と伝統性を学びつつ新たな展望を開くための研究開発と、微生物の機能を分子レベルで解き明かしその利用や開発を行うことを目指しています。本コースの3つの研究分野の特徴をあげると、焼酎製造学分野は焼酎や発酵食品の香気成分の同定や機能性の検索を通じて新たな製造法や機能性食品素材の開発をめざします。醸造微生物分野は醸造微生物の育種とその機能を解明します。応用分子微生物分野は微生物に秘められた優れた能力を分子レベルで解明しその利用や開発を行います。

研究の最新記事

投稿アイテム

お問い合わせ

鹿児島大学 食料生命科学科

キーワード

リンク