2ポリシー

ディプロマポリシー

  • (1)生物資源を活用して人類の生活を豊かにするために、幅広い農学の知識と生命現象や生体成分に関する基礎的な知識を身につけている。
  • (2)生物資源から新素材や機能性食品を開発するために、食品や食品成分の栄養、消化吸収、機能性、利用法、加工法に関する知識を身につけている。
  • (3)生体成分や食品成分の単離・分析および食品機能の評価に関する知識と技術を身につけている。
  • (4)食品機能科学に関する研究方法を習得し、データの整理と結果の考察を適切に行い、それらを他人に説明できる能力を身につけている。

カリキュラムポリシー

  • (1)農学における幅広い知識と、食料生命科学を学ぶための基礎的知識と技術を習得するために、農学、化学、生物学に関する基礎的科目を配置する。
  • (2)生命現象や生体成分に関する基礎専門知識と技術を修得するための科目を配置する。
  • (3)食品や食品成分の栄養、消化吸収、機能性、利用法、加工法に関する専門的知識と技術を習得するための科目を配置する。
  • (4)食品機能科学に関する研究方法の習得や実社会で役立つ問題解決能力および国際的視野を養う科目を配置する。

研究の最新記事

投稿アイテム

お問い合わせ

鹿児島大学 食料生命科学科

キーワード

リンク