2ポリシー

ディプロマポリシー

  • (1)資源循環とグローカル視点で、地域の森林資源の現状と課題に取り組む能力を有している。
  • (2)森林資源を構成する自然要素と人の利用による影響を理解し、それに基づいて誠実に社会に対し責任(技術者倫理)を持って取り組むことができる。
  • (3)多面的な要素を持つ森林を理解し、分析するための基礎的な数学、自然科学、社会科学の知識を有し、知識の収集、効率的な分析に必要な情報技術の知識を応用することができる。
  • (4)現実の森林を対象に、目的に沿って調査を計画・実施し、収集したデータの解析・考察を行い、その結果を地域社会、国際社会で発表・討議するために必要となる基礎的な能力を備えている。
  • (5)多様な課題を抱える現場を理解しており、必要な学習を継続的に行なうことができ、さらに限定された条件下で解決のための計画をまとめる能力を身につけている。
  • (6)主に暖帯林から亜熱帯林の森林生態系に関する深い理解を持っており、国内有数の木材供給基地である南九州の森林資源の持続的かつ循環的な利用のための計画・管理並びに育成・保全に関する知識と能力を修得している。

カリキュラムポリシー

  • (1)資源循環とグローカル視点で、地域の森林資源の現状と課題に取り組む能力を養うための科目を配置する。
  • (2)森林資源を構成する自然要素と人の利用による影響を理解する能力を養成し、それに基づいて誠実に社会に対し責任(技術者倫理)を持って取り組む人材を養成するための科目を配置する。
  • (3)多面的な要素を持つ森林を理解し、分析するための基礎的な数学、自然科学、社会科学の知識を修得し、知識の収集、効率的な分析に必要な情報技術の知識の応用能力を取得するための科目を配置する。
  • (4)現実の森林を対象に、目的に沿って調査を計画・実施し、収集したデータの解析・考察能力を高め、その結果を地域社会、国際社会で発表・討議するために必要となる基礎的な能力を養成するための科目を配置する。
  • (5)多様な課題を抱える現場を理解するとともに、必要な学習を継続的に行い、さらに限定された条件下で解決のための計画をまとめる能力を育てるための科目を配置する。
  • (6)主に暖帯林から亜熱帯林の森林生態系に関する理解を深め、国内有数の木材供給基地である南九州の森林資源の持続的かつ循環的な利用のための計画・管理並びに育成・保全に関する知識と能力を修得するための科目を配置する。

研究の最新記事

投稿アイテム

お問い合わせ

鹿児島大学 農林環境科学科

キーワード

  • 森林管理
  • 国土保全
  • 森林技術
  • 森林技術者養成
  • 森林や林産物の利活用
  • 野生動物の保護管理

リンク