3ポリシー

アドミッションポリシー

  • (1)英語、理科、数学の十分な基礎学力を備えている人
  • (2)植物の栽培、動物の飼育、生物・化学実験もしくは調査に意欲のある人
  • (3)農畜産物の生産・流通・消費に関心を持つ人
  • (4)農村地域や農村社会に関心を持つ人
  • (5)農作物や家畜の生産に関わる新技術やバイオテクノロジーに関心を持つ人
  • (6)海外の農畜産業や食料資源に関心を持つ人

ディプロマポリシー

  • (1)農作物・園芸作物の栽培や家畜の管理に関する専門的知識と技術を習得している。
  • (2)植物や動物における生命現象に関する専門知識と解析技術を習得している。
  • (3)食料の流通や農業・農村の実態を十分に理解しているとともに問題提起ができる。

カリキュラムポリシー

教育目標を達成させるために、講義によって農作物や家畜の生産、管理、利用、流通に関連した分野の学問と知識を習得させるとともに、実験、実習、演習などによってより実践的な力を養うための教育を行う。その概要は以下の通りである。

  • (1)2年次に各教育コースに配属し、専門基礎科目を必修科目として課すとともに基礎的な実験、実習、演習を課して技術を習得させる科目を配置する。
  • (2)3年次に各研究室に配属し、教育コースにおける専門科目を課すとともに応用的な実験、実習、演習を課す科目を配置する。
  • (3)4年次には主に自ら企画・立案した卒業論文テーマについて研究を行い、研究成果として取りまとめて発表する科目を配置する。

研究の最新記事

投稿アイテム

お問い合わせ

鹿児島大学 農業生産科学科

リンク