森林保護学研究室について

森林保護学とは、生物的・非生物的な各種被害から森林を保護するための学問です。

森林保護学研究室では鳥獣や昆虫、樹木病害による森林被害を防ぐための教育、研究を行っています。

しかし、被害を防ぐためには「敵」を知らなければなりません。更に、単純に被害を防ぐだけでなく、

生態系そのものの機能を保つ、調和を取れた保全こそが我々が目指すべき森林保護学と言えます。

そのため、森林動物や森林昆虫、森林微生物といった様々な森林生物の生態も森林保護学の重要な

基礎となります。そこで、森林保護学研究室ではこれら森林生物の生態学の教育、研究も行っています。 

スライド02.jpg

スライド03.jpg

スライド07.jpg

 

研究の最新記事

投稿アイテム

  • ようこそ森林保護学研究室へ

お問い合わせ

リンク