スタッフ

藤澤 義武(フジサワ ヨシタケ) 教授

就任年月      2014年11月1日

学位         博士(農学)

所属学会      日本森林学会、日本木材学会、森林遺伝育種学会、関東森林学会、九州森林学会

専門分野      育林学 林木育種学

研究テーマ     成長に優れた新世代林業用種苗や早生樹種を活用した低コスト造林技術の開発

キーワード     新世代林業用種苗 早生樹 導入樹種 育林コスト 材質

論文著作    

Kentaro Mishima、Takeshi Fujiwara、Taiichi Iki、Katsushi Kuroda、Kana Yamashita、Miho Tamura、Yoshitake Fujisawa、Atsushi Watanabe、Transcriptome sequencing and profiling of expressed genes in cambial zone and differeting xylem of Japanese cedar (Cryptomeria japonica) 、BMC Genomics、Vol.15、pp.1471-2164 (2014)

Eitaro Fukatsu、Miyoko Tsubomura、Yoshitake Fujisawa、Ryogo Nakada、Genetic improvement of wood density and radial growth in Larix kaempheri; results from a diallel mating test、"Annals of Forest Science : INRA"、Vol. 70、pp.451-459 (2013)

平岡裕一郎、重永英年、山川博美、岡村政則、千吉良 修、藤澤義武、下刈り省略とその後の除伐がスギ挿し木クローンの成長に及ぼす影響、日林誌、95巻、pp.305−311 (2013)

藤澤義武、何学友、12年生コウヨウザンにおける樹幹ヤング率の産地間変異、関東森林研究、No.63−1、pp.59−62 (2012)   

Yoshio Kijidani、Noriko Sakai、Keita Kimura、Yoshitake Fujisawa、Yuichiro Hiraoka、Junji Matsumura、Shinya Koga, "Termite resistance and color of hertwood of hinoki (Chamaecyparis obtusa)  trees in 5half-sib families in progeny test stand in Kyushu, Japan"、J Wood Sc.、vol. 58、pp.471-478 (2012)

Yoshio Kijidani、Yoshimitsu Fujii、Keita Kimura、Yoshitake Fujisawa、Yuichiro Hiraoka、Ryushi Kitahara、Microfibril angle and density of hinoki (Chamaecyparis obtusa)  trees in 15half-sib families in a progeny test stand in Kyushu, Japan、J Wood Sc.、vol. 58、pp.195-202 (2012)   

Yoichiro Hiraoka、Noritsugu Kuramoto、Mineko Ohira、Masahiro Okamura、Toru Taniguchi、Yoshitake Fujisawa、Estimation of genetic data and breeding values of traits related to Wax production in Rhus succedanea L. clones using the REML/BLUP method、J For Res、vol. 16、pp.509-517 (2011)

倉本哲嗣、平岡裕一郎、大平峰子、岡村政則、藤澤義武、マツノザイセンチュウ接種検定後の抵抗性クロマツ自然交配家系の生存率と接種前後の期間および開花期間の降水の関係、日林誌、92巻、pp.120−123 (2010)   

平岡裕一郎、渡座敦史、藤澤義武、BLP法を用いた北関東、関東平野育種区におけるCo2 吸収固定能力の高いスギ精英樹クローンの選抜、関東森林研究、No.60、pp.101−102 (2009)

平岡裕一郎 、藤澤義武 、松永孝治 、下村治雄、"ニホンジカ被害地における森林造成技術の確立一下刈り省力施業による被害軽減とそれに適したスギ品種の開発-"、森林防疫、58巻(6号) 、pp.28−37 (2009)

平岡裕一郎 、倉本哲嗣 、岡村政則 、大平峰子 、谷□ 亨 、藤澤義武、ISS11.AFLPおよびRAPD分析によるハゼノキ優良候補個体のクローン識別と遺伝的類縁関係の推定、日林誌、91巻、pp.246-252 (2009)

大平峰子、倉本哲嗣、藤澤義武 、自石進、マツ材線虫病抵抗性クロマツのさし木苗生産における密閉ざしの有効性、日林誌、91巻、pp.266−276 (2009) 

三浦真弘、野村考宏、河崎久男、藤澤義武、"異なる種苗配布区域におけるスギ精英樹の生存率と樹高の違い一福島県と岐阜県における事例-"、日林誌、91巻、pp.318−325 (2009)

Mudji Susanto、Tibertius Agus Prayintno、Yoshitake Fujisawa、Wood genetic variation of Acacia auriculiformis at Wonogiri trial in Indonesia、"Jornal of Forestry Research FORDA Indonesia"、Vol.5 No.2、pp.135-145 (2008)

倉本哲嗣、 松永孝治、大平峰子、平岡裕一郎、谷口亨、岡村政則、星比呂志、藤澤義武、マツノザイセンチュウの接種頭数による抵抗性クロマツ交配15家系の生存率の違い、九州森林研究、No.61、pp.116−117 (2008)

藤澤義武、武津英太郎、平岡裕一郎、松永孝治、倉本哲嗣、植栽密度がスギ精英樹クローンの成長量の違いに与える影響、関東森林研究、No.59、pp.317−318 (2008)

黒田慶子、大平峰子、岡村政則、藤澤義武、マツ材線虫病抵抗性クロマツ家系の苗木における線虫分布と増殖、日林誌、89巻、pp.241-248 (2007)

倉本哲嗣 、平岡裕一郎、中島久美子、井上祐二郎、柏木学、藤澤義武、20年生時と30年生時のスギクローン地域差検定林データの解析結果に基づく九州育種基本区におけるスギ精英樹の成長特性に関する考察、林木育種センター研究報告、23号、pp.1−9 (2007)

平岡裕一郎、大平峰子、倉本哲嗣、谷口亨、藤澤義武、ハゼノキの過去の着果枝率推定法の検討、九州森林研究、No.59、pp.245−246 (2006)

藤澤義武、佐藤省治、原田美千子、福田友之 、久保田権、松永順 、力益實、43年生メタセコイアの木材性質の個体間変異、九州森林研究、No.59、pp.273−274 (2006)

武津英太郎、高橋誠、藤澤義武、栗延晋、ヒノキ精英樹における炭素固定量の家系間変異への諸形質の影響、57回日林関東支論、pp.143−145 (2006)

 

鵜川 信(ウガワ シン) 准教授 

就任年月              2012年8月1日

学位                     博士(環境学)

所属学会              日本森林学会、日本生態学会、日本土壌肥料学会、日本熱帯生態学会、森林立地学会

専門分野              育林学、森林生態学

研究テーマ    コウヨウザンの造林技術の開発

           スギ苗の初期成長促進技術の開発

           窒素安定同位体を用いた樹木の養分吸収プロセスの解明

           熱帯雨林における多種共存メカニズムの解明

           亜熱帯島嶼域における森林成立機構の解明

           日本の森林における土壌炭素蓄積量の推定

           亜高山帯針葉樹林における細根動態の関係解明

           マツ材線虫病被害にともなう群落動態の理解

キーワード           早生樹、低コスト造林、同位体分別、窒素動態、種多様性、土壌炭素蓄積量、細根動態

最近の論文

Ugawa S, Miura S, Kaneko S (なし) Differences in necromass and carbon and nitrogen contents between node and internode material of dead bamboo culms in two Phyllostachys species. Japan Agricultural Research Quarterly in press.

Nanko K, Ugawa S, Hashimoto S, Imaya A, Kobayashi M, Sakai H, Ishizuka S, Miura S, Tanaka N, Takahashi M, Kaneko S (なし) A pedotransfer function for estimating bulk density of forest soil in Japan affected by volcanic ash. Geoderma in press.

Ugawa S, Takahashi M, Morisada K, Takeuchi M, Matsuura Y, Yoshinaga S, Araki M, Tanaka N, Ikeda S, Miura S, Ishizuka S, Kobayashi M, Inagaki M, Imaya A, Nanko K, Hashimoto S, Aizawa S, Hirai K, Okamoto T, Mizogushi T, Torii A, Sakai H, Ohnuki Y, Kaneko S (2013) Carbon stocks of dead wood, litter, and soil in the forest sector of Japan: general description of the National Forest Soil Carbon Inventory. 森林総合研究所研究報告 11,4:207-221.

Hashimoto S, Ugawa S, Morisada K, Wattenbach M, Smith P, Matsuura Y (2012) Potential carbon stock in Japanese forest soils - simulated impact of forest management and climate change using the CENTURY model. Soil Use and Management 28:45-53.

Hashimoto S, Ugawa S, Nanko K, Shichi K (2012) The total amounts of radioactively contaminated materials in forests in Fukushima, Japan. Scientific Reports 2,416.

Ugawa S, Yamaguchi M, Miura S, Kaneko S (2012) A method for obtaining the relationship between the amount of DNA and the fine root weight from mixtures of fine roots and soil particles. Soil Science and Plant Nutrition 58:510-516.

研究の最新記事

投稿アイテム

  • 運命の日
  • 正月とケーキと卒論と
  • えびのは寒かったのだ。
  • 京大CERに行ってきた!!
  • 嵐の夏休みを終えて...
  • 4年生のみなさん、お疲れ様でした!!
  • 樹木実習Ⅱ集合写真
  • 焼肉
  • 樹木実習Ⅱ

お問い合わせ

農学部D棟2階 西側

リンク