研究内容

*最近の研究テーマ*

(1)コウヨウザンの心材含水率の地域間・系統間変異について

(2)徳之島常緑広葉樹林におけるオキナワウラジロガシ及びスダジイの更新様式

(3)常緑広葉樹と落葉広葉樹における落葉・展葉と根の発生・消失との関係

(4)スギクローンの初期成長に与える諸要因についての研究

(5)常緑広葉樹林における外生菌根菌による窒素安定同位体分別

(6)植栽密度によるスギ未成熟材の量的変化および利用材質への影響評価

 

*過去の学会発表*

・香山雅純,青木菜保子,平山大輔,舘野隆之輔,川路まり,米田健. 2種類の土壌に植栽したオキナワウラジロガシとアマミアラカシの生長特性. 日本森林学会 九州支部会. 2011年10月(鹿児島).

・小川裕也,赤峰匠,米田健. 常緑広葉樹の日肥大生長特性にみられる可塑性 . 日本森林学会九州支部会. 2011年10月(鹿児島).

・牧さなえ,米田健,渡辺亜希,小松著実. 奈良県春日山原生林における台風撹乱後の植生回復過程. 日本森林学会九州支部会. 2011年10月(鹿児島).

・原田晃太郎,米田健,Wan Rashida Kadir. マレーシアにおけるSMS択伐施業法が残存する林冠木に与える影響. 日本森林学会九州支部会. 2011年   10月(鹿児島).

・上田美佳子,米田健,奥田俊統,Wan Rashida Kadir. 低地性熱帯雨林における択伐施業跡地の林分構造について. 日本森林学会九州支部会. 2011 年10月(鹿児島).

・Yoneda T. Impacts of selective management system on stand structure and carbon dynamics of a tropical rain forest. Workshop of JSPS     International Training Program(ITP) to pretect diversity of bioresources in the tropical area. 2011年11月(Aula Timur,Institute Technology       Bandung,Indonesia).

・上田尭史,米田健,Wan Rashida Kadir. マレーシアでのSMS択伐施業が林分構造に与える評価:伐採率・林道密度と択伐後5年間の林冠木動態との 関係.日本生態学会,2012年3月(大津).

研究の最新記事

投稿アイテム

  • 運命の日
  • 正月とケーキと卒論と
  • えびのは寒かったのだ。
  • 京大CERに行ってきた!!
  • 嵐の夏休みを終えて...
  • 4年生のみなさん、お疲れ様でした!!
  • 樹木実習Ⅱ集合写真
  • 焼肉
  • 樹木実習Ⅱ

お問い合わせ

農学部D棟2階 西側

リンク