皆さん、こんにちは!4年の若松です。

梅雨も中盤にさしかかりましたが、なかなか雨が降り続かない鹿児島市です、、
しかし、明日からは雨予報。なかなか傘・徒歩通学が続きそうでいやだなぁ~☂
皆様も体調にお気をつけてお過ごしください。

さて、先日は鹿児島から飛行機で1時間、徳之島に調査に行ってきました。
いつもであれば、フェリーで14時間のところを今回は!なんと!1時間!速すぎる、、、感動

今回は、研究室が4haのプロットを持つ三京岳国有林で実生樹種調査を行いました。
プロット内に存在する幼木の樹種同定を行うのですが、奄美と鹿児島本土とでは、育つ樹種も木が持つ特徴も全くというほど異なり、本当に難しい、、、(´;ω;`)
まだまだ修行が足りないな、と、感じたところでもありました
皆さん、こんにちは!
育林学研究室の田口です。

今回は、新3年生が研究室に配属された件について報告します!
今年は、4人も育林学研究室に学生が配属されました。
去年よりも多い!!!嬉しい~

お名前は、池田さん、石川さん、永吉君、山下さんです。
一緒に過ごして分かってきたことは、4人ともまじめで先輩と積極的に話をしてくれるいい子たちだ~ということです。これから調査やTAとして一緒に活動するので、さらに深く4人を紹介できる日がくると思います。
みなさんお楽しみに!!



運命の日

みなさん、おはようございます。こんにちは。こんばんは。

最近は雪がちらつく鹿児島です。「今シーズン最強寒波」が3回くらい訪れた今年の冬、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

 

そんな明日2月14日はバレンタイ・・・

ではなく、私たちの卒論発表会です!!

義理か、本命か、女の子がチョコレートを配り歩く日ではないのですっ。(いったい誰が始めたんでしょうね、中の人もここしばらくもらったことなんてないんですが・・・TT)

 

・・・そう、運命の日。

 

私たち4年生はこの日のために1年間この身を卒論に捧げてきました。(偉そうなことを言うようですが本当です)

分からないことにも果敢に挑みました。研究の酸いも甘いも知りました。先輩としての威厳の無さに悩み、実習のTAとしてお手伝いもしました。

他のどの研究室よりも実に多くの時間を研究室で過ごしてきました。(研究室の光熱費がすごいと注意されたこともありましてね・・・)

DSC_2786[1].JPG

いったい何枚原稿を刷ったのでしょうか。プリンターもご覧のありさまです。

 

そんな大学生活ももうすぐ終わろうとしています。

 

DSC_2778[1].JPG

2月に入ってからは本文と要旨を提出し、自分の研究をまとめたポスターを作っておりました。

これは作業の様子。ここで全部をお見せできないのが非常に残念です。

私たちの研究が気になった人は是非発表会まで足を運んでみてくださいね!(農学部101講義室でやってます)

 

ようやくこの日を迎えることができそうです。悔いの無いようしっかりと準備し、発表に臨みたいと思います。

 

明日が終われば、うまい酒が飲めるかなー。

あ、ついでに甘~いチョコレートもお願いしますね!

 

 

みなさん、おはようございます。こんにちは。こんばんは。そして、新年あけましておめでとうございます。

2018年最初の投稿になります!

えー、気が付けば1月も真ん中に差し掛かっておりました・・・(汗)

今年は平昌冬季五輪にロシアW杯ですね。うちの研究室のスポーツ大好きN氏も大興奮です。

 

さて、私たちの卒論もいよいよ大詰め。速いものはすでに提出を終え、発表の準備に取り掛かるところであります。

論文を執筆するとはなかなか難しいもので、論文独特の言い回しが間違っていたり、論理の展開がうまくいかなかったり、おまけに内容自体の理解が不足していることも。

書いてる途中にも次々に課題が浮き彫りになります。

あと、もう一息・・・

エナジードリンクを片手に今夜も遅くまでパソコンに向かいます。

 

ここで去年の話を少し。

12月の末、研究室恒例の忘年会を行いました!!

今回も全員で焼肉を囲みました。

会の途中にはこのようなサプライズも。

DSC_2761[1].JPG

遅ればせながら、藤澤教授への誕生日ケーキでした。おめでとうございます!

残り短い時間となりましたが、最後までご指導のほど、よろしくお願いいたします。

 

そんなこんなで年をまたいだわけですが、卒業を控えた私たち4年生にとって2018年は新たなステージへ向かう年。

果たして何が待ち受けているのやら・・・

 

皆様にとって今年が良い一年となりますように。

みなさん、おはようございます。こんにちは。こんばんは。

 

要旨に手を付け始めた私、中の人は最近どうも体調がすぐれません・・・

インフルエンザも流行を始めたようで、皆さんもカラダにはくれぐれもお気を付けを。

 

とは言いつつも、相変わらずアクティブな私たち。昨日は宮崎県えびの市にある試験地へ毎木調査に行っておりました!

えびのには4年生の徳田さんが研究で使っているスギの次世代検定林があります。エリートツリーと呼ばれる成長の速い品種や系統のスギが植わっている試験地です。

2年ほど前からデータを収集しており、今年も4回調査を行ってきました。

今回も樹高と胸高直径など、系統ごとにどのような特徴が現れるのか記録していきました。

 

それにしても・・・

寒いっ!

それのそのはず、この日の最低気温はマイナス1℃。低地の鹿児島に住む私たちにはこたえる寒さです。

よく見ると遠く韓国岳の山頂付近もうっすらと雪化粧・・・

DSC_2759[1].JPG

しかし、仕事は仕事。

今年最後の調査です。絡みつくジャケツイバラにも負けず頑張りました!

成長の速い強者ぞろいのこの試験地ですが、さすがにこの時期になると生長は止まってしまうようでして、前回のデータと比較しながらの作業でした。

とくに樹高測定班は誤差が大きくならないよう厳密な測定を求められました(泣)。

 

果たして、どのような結果が出ているのか・・・

次回のゼミに期待しましょう!!

 

ちなみに明日、徳田さんは別の調査で再びえびのヘ行くそうです。

気を付けていってらっしゃい~

みなさん、おはようございます。こんにちは。こんばんは。

いよいよ12月ですか・・・卒論追い込み時期ですね。師走とはよく言ったものです。

(まあ、これからの1カ月に限った話ではありませんが・・・)

相変わらず、あっちに調査に行ったり、こっちで解析したりバタバタと過ごしております。

 

そんな中ですが、私、中の人は自分の卒論で使うデータを得るため滋賀県にある京都大学生態学研究センター(CER)に行っておりました。

8月に鹿児島で行った実験の続きで土壌の窒素同位体比を計測するための処理を行いました。

ここから専門的な話を少し。

8月では森林から土壌を採取し、そこからアンモニウム(NH4+)や有機体窒素といったものを抽出してPO溶液で湿式酸化し、トータル1週間以上かけて硝酸(NO3-)に変えました。そしてこの度、脱窒菌法という脱窒菌の力を借りてサンプル中の硝酸を亜酸化窒素(N2O)に変える処理を2日間かけて行い、さらに水酸化ナトリウム(NaOH)を・・・

 

・・・もう、いいですね(笑)

要するに時間のかかるとても複雑な処理なのであります。

CERの先生から処理方法をご教示頂きながら、測定サンプルの溶液の処理量を計算したり、その計算した量のサンプルを注射器にとったり、慎重かつ正確に作業を進めました。(先生曰く、これだけ時間をかけてもデータが出ないことだってあるそう。あー恐ろしい。)

とはいえ、私にとって分析機器がたくさん並んだ他所の研究施設ははじめてのこと。作業の進めていく中でいろいろな設備や方法を見させていただきました。

DSC_2750[1].JPGのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは今回の処理で使用した脱窒菌の培地。

菌の栄養となる粉の入った茶色いビンに注射器で植付けを行っているそうです。このビンからさらに処理できるように別の培地で濃縮します。

DSC_2752[1].JPG

たくさんの針にビンが逆さに刺さっています。

こちらの装置では注射針から窒素ガスをビンに通し酸素を除去している様子です。ビンの中には脱窒菌が入っています。私も実際にビンの取りつけ作業と処理をさせていただきました。

 

今回のCER滞在で私たちは2日間に渡って作業に参加させて頂きましたが、安定同位体比計測に至るまでにはもう1段階処理が待っているそうです。この続きはCERの先生方にお願いいたしまして、私たちは鹿児島へ帰ることとなりました。最終的な結果が数値として出るのは12月中旬になるそうです。

やはり、窒素を扱った研究は難しく奥が深い・・・

また、この作業でたくさんの研究者の方々と出会い、関わることができました。研究の話はもちろんのこと、同位体測定について何もわからなかった私に丁寧に内容を教えてくださいました。本当に感謝いたします。データが出揃い、論文が書きあがりましたら、また改めてお礼を言いたいと思います。ありがとうございました。

 

さーて、いよいよ論文をまとめねば。って、あと2ヶ月!?

・・・頑張ります。

 

 

 

 

 

みなさん、おはようございます。こんにちは。こんばんは。

長らく更新が途絶えておりました…(汗)

 

後期に突入し、鹿児島はいよいよ冬を迎えようかというところ。(とは言っても若干日中は暑いですが―)

育林研究室は調査、調査、調査の嵐のような夏休みを終え、そろいつつあるデータの解析を行っております。

 

思えば夏はいろいろな所へ行きましたね。

あるものは北海道へ→

またあるものは徳之島へ←

静岡、熊本、茨城・・・

2年ぶりのマレーシアやドイツに行ったメンバーも。(あ、ドイツは研究ではなく講義の一環でしたね…)

研究室は連日各地のお土産でにぎわっておりました!

DSC_2543[1].JPGDSC_2648[1].JPGDSC_2549[1].JPGDSC_2651[1].JPG

そう、さまざまな環境で研究ができるのも私たち育林学研究室の魅力。これから卒論に取り組むであろう3年生、研究室を決めたい2年生、ぜひ有意義な時間を育林研究室で過ごしてみては?

 

まあ、嵐が過ぎ去ったとはいえ、明日も私たちはえびので調査です。

データ集めの日々は続きます~

 

2月に入り、南国の鹿児島も寒さの厳しい日が続いております・・・

みなさん、おはようございます。こんにちは。こんばんは。

先日、係を引き継いだばかりの3年生です(笑)

後期最後のテストを終え、息つく暇もなく私たちの卒業論文・就職に向けた準備がはじまっております。

また、半年前からアメリカに行っていた鵜川先生も帰国されました。

 

そんな中、4年生の卒業論文の発表会がありました。

これまでの1年間、4年生の方々は実に多くのことを学び、考え、研究にうちこまれてきたことだろうと思います。

時には、忙しい中でも未熟な私たちの指導をしたり、アシスタントの中心として実習を進めていったり・・・

少ない人数ということもあり、ここまでたくさんの苦労があったことでしょう。

しかし、そんな日々を乗り越えてきた先輩方の自信に満ち溢れた様子は発表会当日の姿から十分に感じ取れたのではないでしょうか。

本当にお疲れ様でした。

 

お疲れ様・・・っということで、

その日の夜は焼肉で打ち上げでした!

DSC_2130.JPG

久しぶりに賑やかな会となりました。

途中、4年生の方々からご挨拶がありましたが、みなさんここまでの道のりを思い出されてか、目からは涙が。

私たち3年生も来年には先輩方のようにいい卒論発表ができるような研究生活にしたいと思いました。

DSC_2132.JPG DSC_2135.JPGDSC_2137.JPG

 

打ち上げの終わりには4年生からお世話になった先生方へプレゼントの贈呈も!!

DSC_2138.JPG

DSC_2143.JPG

とてもいい打ち上げとなりました!!

4年生のみなさん、まだこちらにしばらくいらっしゃるようですが、係の引き継ぎや調査・実験のノウハウなどぎりぎりまでお世話になります。(笑)

そして私たちも先輩方のようなすばらしい4年生になれるよう頑張りますので、卒業後も応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

樹木実習Ⅱの集合写真をもらいました~(^^♪

これは高峠の山頂に着いた時の一枚。

みなさんいい笑顔をしてますね(*^_^*)

集合写真.jpg

焼肉

9月30日は研究室のみんなで焼肉に行きました~。

今回は樹木実習Ⅱの打ち上げと、残暑払いとドイツに行っていた前田君のお帰り会ということでみんなで大いに盛り上がりました~。

場所は育林学研究室行きつけのとある騎射場の焼肉屋さんです(*^_^*)

IMG_3611.JPG