青果保蔵学及び遺伝子制御学研究室の目標

畑で収穫された農産物は、時間の経過とともに鮮度が低下します。また、周辺の温度や湿度も保存性に大きく影響を及ぼすことが知られています。近年では、食の安全性に関する意識の高まりから、保存中の微生物増殖や残留農薬に対しても細心の注意を払う必要があります。

一方で、とくに鹿児島他、南方地域で生産される農産物は、ポリフェノール等機能性成分が多く含まれることから、これらの有効利用も非常に重要です。

青果保蔵学及び遺伝子制御学研究室では、野菜や果実の保存法、付着微生物の制御、栄養成分分析、抗酸化能などの機能性成分の品種間差について研究しています。

研究の最新記事

投稿アイテム

お問い合わせ

鹿児島大学農学部生物資源化学科

青果保蔵学及び遺伝子制御学

鹿児島市郡元1⁻21⁻24 農学部C棟4階

099-285-3557(渡部)

099-285-3558(濱中)

リンク